8日、中国外交部の陸慷報道官は、日本の安倍晋三首相や菅義偉官房長官がこのほど、日中関係の発展に積極的な意向を表明したことについてコメントした。

写真拡大

2018年1月8日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は定例記者会見で、日本の安倍晋三首相や菅義偉官房長官がこのほど、日中関係の発展に積極的な意向を表明したことについて、「これからの1年、日本が中国と共に歩み寄り、中日関係の一層の改善と発展を共に推進していけるよう期待している」と述べた。

安倍首相は5日、東京都内で開かれた経済3団体の新年祝賀パーティーに出席し、日中関係の改善に取り組む強い意欲を示した。菅官房長官もインタビューで「日中関係が改善されつつある中、2018年は最高の機会だ。経済関係の強化や国民交流の促進で双方の信頼感が高まればいい」と述べた。

陸報道官は、日本側の日中関係の発展に向けた積極的な意向についてコメントを求められ「これからの1年、日本が中国と共に歩み寄り、中日の四つの政治文書と四つの原則の共通認識の下に、今年が中日平和友好条約40周年の節目に当たるという機会をしっかりと捉え、両国の各分野における交流と協力に有利な環境をつくり出し、中日関係の一層の改善と発展を共に推進していけるよう期待している」と述べた。(翻訳・編集/柳川)