第3セット、スパイクを放つ金蘭会・宮部愛芽世(3)=東京体育館(撮影・山田俊介)

写真拡大

 バレーボール・全日本高校選手権最終日(8日、東京体育館)大会を視察した女子日本代表の中田久美監督(52)は「(東九州龍谷の)中川も(金蘭会の)宮部も楽しみ」と笑顔で話した。特に宮部については「まだまだ伸びる可能性がある。魅力を感じています」。姉の藍梨が高校時代に代表デビューしているだけに、「早くシニアの大会に出させてあげたい。全日本でも起用できるよう(支える)準備をしたい」と前向きだった。