鯛ラーメンで名を馳せる『灯花』グループ待望の3号店がオープン。今回は全メニューに京都の素材を使い、徹底的に“京都産”にこだわった。

京紫灯花繚乱(最寄駅:四谷三丁目駅)

タレに使う醤油には、京都で130年の歴史を誇る『澤井醤油』の再仕込み醤油を使用。一度できあがった生醤油に再び大豆や小麦を入れて再熟成させるため、どっしり豊かに香る。スープは、脂に甘みのある丹波黒どりとソウダ節、サバ節などで取ったもの。仕上げに“追う”本枯本節とカツオ油の旨みを利かせることで、コク深く、なじみのある味に仕立てている。もうひとつの看板は“香る”担々麺。鶏と豚、昆布などで取った白湯をベースに自家製のラー油、芝麻醤、花椒、青山椒、京山椒を合わせた濃厚なスープで、歯切れのよい低加水麺とよく絡む。

中華そば

麺は国産小麦100%、京都の老舗製麺所『麺屋棣鄂(ていがく)』の中細麺。しなやかな多加水麺で、香り豊かなスープをしっかりまとう

京山椒薫る濃厚担々麺

肉々しい食感の超粗挽きの肉味噌や香ばしいローストアーモンドなどがのる「京山椒薫る濃厚担々麺」(850円)

焼飯(小)

醤油が香る「焼飯(小)」は麺類とのセット価格で200円

京紫灯花繚乱

東京都新宿区四谷4-7小林ビル1階 [TEL]03-3357-2221 [営業時間]11時〜21時 ※ランチタイム有 [休日]日 [交通アクセス]地下鉄四谷三丁目駅3番出口から徒歩5分