「ゲームよりも勉強」では才能は伸びない

写真拡大

文部科学省は2020年度に小学校でプログラミング授業を必修化する方針を示した。果たして、日々変わる最新技術を子どもたちに教えることはできるのか。人気のプログラミング教育を手掛けるベンチャー企業の代表に、ジャーナリストの田原総一朗氏が聞いた――。

■開成で物理教師&野球部コーチに

【田原】水野さんは慶應義塾大学の院生時代に開成高校で非常勤の先生をやっていたそうですね。

【水野】もともと教師になりたくて、教員免許を取るために大学院に進みました。開成高校でたまたま募集があって、週に2〜3回、午前中に物理の授業を担当することに。自立を重んじる学校で、生徒たちは自分の意思で部活や勉強に励んでいた。とてもいい学校です。

【田原】先生をやって何か得るものはありましたか?

【水野】僕は高校時代野球部だったので、開成でも野球部のコーチをやらせてもらいました。グラウンドが狭いから、野球部の練習は週に1回。でも、戦略がユニークで、けっして弱くはありませんでした。普通、強打者は4番に置きますよね。でも開成は強打者を2番に、次にいいバッターを1番に置きます。なぜなら、この打順がもっとも先制点を取りやすく、相手を慌てさせることができるから。生徒たち自身に戦略を考えさせていて、これがまさに教育だなと。もともと先生になるつもりでしたが、あらためて、中高生のために自分の時間を使うことを一生の仕事にしたいという思いを強くしました。

【田原】ところが大学院を修了後、人事系のコンサルティング会社に入社します。これはどうして?

【水野】子どもたちに社会や仕事のことを教えられない先生にはなりたくなかったのです。子どもたちにそれらを教えるには、まず自分が経験したほうがいい。そう考えて3年間だけ就職することにしました。

【田原】コンサルティング会社で、どのような仕事をやっていたのですか。

【水野】中小企業向けに組織や採用の課題を解決するコンサルティングをやっていました。中小企業は新卒採用が難しく、既存の社員たちも刺激がなく組織として停滞してしまう。それを活性化させるようなコンサルティングです。

【田原】仕事はおもしろかった?

【水野】各業界の経営者の方々と一緒にお仕事させていただくので、学びが多かったです。たとえば某カラオケチェーンの社長は「お客様から見えるところに段ボールを置くな」と、いつも受付の見た目にこだわっていました。「お客様は非日常を求めてきているのに、段ボールが見えると日常に戻ってしまうじゃないか」というわけです。これはまさしくサービス業の本質。いま僕らは子どもたちを楽しませることを重視していますが、当時学んだことが参考になっています。

【田原】さて、会社は3年で辞められる。でも、学校の先生にならずに起業しますね。どうしてですか。

【水野】東京・豊洲にあるキッザニアにいきました。キッザニアはメキシコ発のテーマパークで、中学生以下の子どもたちが職業を体験できます。たとえば消防士になって火を消したり、ケーキ屋さんになってケーキをつくることもできます。働いたあとにはお給料ももらえます。

【田原】えっ、お給料?

【水野】中でしか使えない疑似的なお金です。ただ、それで仕事や働く意味を理解できる。いわば「キャリア教育×エンターテインメント」のテーマパーク。そこにいって僕が感じたのは、世の中は新しい教育を求めているということ。日本の教育に何か遅れているものを感じているからこそ、キッザニアで行列をつくっている。それなら自分が新しい教育をつくっていこうと起業しました。

【田原】ここはしっかり聞きたい。日本の教育が遅れているって、具体的にはどういう点が?

【水野】21世紀は、「個の教育」の時代だと考えています。しかし、日本は個の育成がうまくない。原因は、大学受験と新卒一括採用。システムに順応するように子どもたちを教育するから、個が育ちにくいのです。

【田原】中学も高校も大学受験の合格者を増やすことが目的になっているからね。イノベーションなんか何も考えてない。

【水野】そこを変えたいのです。経済成長していた時代は、指示されたことをやる能力があれば幸せになれたので、間違いのない答えを出すことが重要でした。しかし、いまは誰も正解がわからない。自分で答えをつくらせる教育をしないといけません。

■ゲームよりも勉強では、才能は伸びない

【田原】問題は、どうやって教育を変えるか。水野さんはどんな会社をやろうと考えたのですか。

【水野】中学生や高校生一人ひとりの可能性を伸ばす教育をしたくて、大学の同期と会社の後輩を誘って3人で会社をつくりました。人が伸びるのは、自分の好きなものを見つけて夢中になっているときです。中高生の1番伸びる時期に、夢中になれるものを見つける手伝いをしたいなと。

【田原】それがプログラミング教育だったんですか。

【水野】僕は理系の教師だったので、「ゲームをつくりたいけどやり方がわからない」「つくったから見て」と生徒から相談されることが多かった。でも、親御さんは「パソコンばかりやってないで勉強しなさい」といって、いいゲームをつくっても褒めてくれません。それでITへの興味を失ったり、我慢してやめてしまう子は少なくない。関心のある子がいるのならば、思い切り伸ばしてあげたい。それが最初のきっかけです。

【田原】子どもたちはそんなにプログラミングに興味があるんですか。

【水野】スマートフォンの影響が大きいです。昔はパソコンが好きな人しかプログラミングに興味を持ちませんでしたが、最近は中高生でもスマホを持つようになって身近になった。いまでは野球部やバレー部の子どもでも、「自分もアプリをつくってみたい」といってます。

【田原】ライフイズテックは、キャンプという形でプログラミング教育をやっていますね。キャンプって何ですか?

【水野】夏休みや春休みなどを使って集中的に勉強するコースのことです。プログラミング教育をするにあたって、まずはアメリカでどんな教育が行われているのか視察にいきました。シリコンバレーのスタンフォード大学で見たのが、まさにキャンプ方式のプログラミング教育。200人くらいの子どもたちが集まっていました。これを日本でもやろうと。

【田原】始めたのはいつごろですか。

【水野】2011年。最初は3月の春休みにやる予定でしたが、震災があって延期に。5月のゴールデンウィークに小さな講座をやって、7月の夏休みから本格スタートしました。

【田原】最初の生徒はどうやって集めましたか?

【水野】会社を辞めて起業準備中、僕は早稲田高校で週3回、非常勤講師をしていました。最初はその高校の生徒に声をかけました。1回目は、わずか3人。そこから増え始めて、2回目は40人。いまは大きなキャンプだと600人。年間でいうと50回の開催で、7000人以上が参加してくれるようになりました。

【田原】場所はどうするの?

【水野】大学の教室を借ります。東大、早稲田、慶應、九州大……。

【田原】なるほど、スタンフォードでやっていたのと同じだ。

【水野】大学を会場にするのは、子どもたちに非日常空間を提供したいから。キャンプの4〜5日間で子どもたちの人生がガラリと変わるかもしれない。そんな可能性を秘めたキャンプですから、ディズニーランドにいくみたいにワクワクした気持ちできてほしい。実際に大学を見て、「こんなところで研究したい」と思ってくれたら大成功です。

【田原】どうやったら子どもたちはディズニーランドみたいに楽しめますか。たぶんそこが1番難しいと思う。

【水野】僕たちが意識しているのはコミュニティ。もちろん「何を学ぶか」も大事ですが、それ以上に、「どこで誰と学ぶか」がモチベーションを左右します。ですから、初めてキャンプにくる中高生が打ち解けられるように遊びの要素を入れたり、一緒に課題を悩んでくれる大学生をつけるといった工夫をしています。オンオフの切り替えをして、プログラミングのときはそれに集中。オフはみんなでかき氷を食べたりゲームをしてコミュニティづくりをしています。

【田原】僕はプログラミングのことがまったくわからない。初心者の中学生に、どうやって教えるのですか。

【水野】その子が興味のあるもので教えます。たとえばiPhoneのアプリに興味があるなら、パソコンの「Xcode」というソフトでアプリをつくる方法を教えます。ゲームに興味があるなら「Unity」というソフトで実際にゲームをつくってもらう。CGに興味がある子、LINEのスタンプをつくりたい子、IoTをやりたい子、本当に人それぞれですね。

【田原】中学生がIoTのプログラミングをするの? すごいね。

【水野】このまえ賞を獲った子は、ハンガーに湿度センサをつけて、乾き具合をスマホで見られるアプリをつくっていました。プログラミングを始めて半年くらいだったかな。

【田原】プログラミングは開発用の言語を覚える必要がありますよね。中学生がそれを覚えちゃうんだ。

【水野】プログラミング言語のほかに、英語や数学の能力も必要です。でも、中学生はよく伸びる時期なので、やっていくとどんどん覚えていきます。

【田原】つくったアプリはどうするんですか。自分で使うだけ?

【水野】もちろん自分でも使いますが、App Storeで世界中に公開している子も多いです。中高生でも、公開すればプロと同じ土俵に立てる。いいアプリならダウンロードされるし、そうでないものはされません。

【田原】教える先生のほうはどうですか。人気だから、先生が足りていないんじゃない?

【水野】僕たちは先生をメンターと呼んでいて、大学生を採用しています。キャンプだと、だいたい子ども6人にメンター1人。ぜんぶで500人のメンターがいて、年間では150人採用しています。応募の倍率は3倍くらいです。

【田原】そんなに人気なんだ。採用基準はやはりプログラミングの能力?

【水野】プログラミングのスキルは必須です。ほかにコミュニケーション力や最後までやり抜く力も重視しています。メンターは子どもたちに「こんな先輩になりたいな」と尊敬される存在でなければいけません。

■プログラミングなら、世界と勝負できる

【田原】採用したら、すぐ先生ですか。

【水野】いえ、100時間の研修をやります。技術やファシリテーション、そして実地の研修を経て現場に出します。ちなみに研修は、マイクロソフトやサイバーエージェント、リクルートなどの企業に協賛していただき、場所を無料でお借りしています。

【田原】どうして企業が協賛するんですか。何かメリットがある?

【水野】企業は優秀なエンジニアがほしいのです。僕たちの大学生のメンターは技術力やコミュニケーション能力が高くて、就活でも強い。実際、大手メディア企業が採用したエンジニア80人のうち、ライフイズテック出身が15人いたことがありました。

【田原】なるほど。就職につながるからメンターになりたがるわけか。プログラミング教育はこれから盛り上がりそうですが、日本の学校はスマホ持ち込み禁止のところがほとんどだ。遅れていませんか?

【水野】現時点では遅れています。アメリカはすでにパソコンを持っていくことが普通です。でも、もうちょっとで日本も変わるでしょう。20年から小学校でプログラミングが必修になります。いま実証実験の最中で、小学校3〜4年生あたりから授業をしていく見込みです。

【田原】でも、いまの学校にプログラミングを教えられる先生なんていますか?

【水野】そこは課題になるでしょう。プログラミングの世界は進化が速く、1度勉強したらずっと教えられるものではありません。教材を提供したり、先生に研修を行うなどして、協力できたらいいと考えています。

【田原】入試で求められるようになり、一方で学校の先生のレベルが低いと、水野さんの教室に通う子どもたちが有利になるかもしれない。新たに格差が生まれたりしませんか。

【水野】格差は問題です。たとえば東京と地方では情報や経済力に格差があって、地方にはプログラミングに興味があっても学べない子どもたちが大勢いる。それを解決する方法としていま期待されているのがオンライン教育。インターネット動画で授業をやることで、場所や料金の問題をクリアできるはずです。

【田原】ライフイズテックで、プログラミング教育の教材をつくる?

【水野】はい。オンライン教育で課題になっているのは継続率。教室やキャンプと違って強制力がないから、よほどモチベーションが高くないと続かないのです。僕たちのキャンプは複数回受けてくれる人が50%ほどで、オンラインだと、いい教材でも5%程度。そこをなんとか変えていきたいなと。

【田原】将来は世界にも出ていく?

【水野】すでにシンガポールとオーストラリアでスタートしています。また、アメリカのテキサスの中学校では僕たちのソフトが使われています。プログラミング教育は欧米がやや先行していますが、差はわずかで、教える人材やいい教材がないという課題はどこの国でも共通している。僕たちがリードできる可能性は十分にあると思っています。

【田原】ぜひ頑張ってください。

■水野さんから田原さんへの質問

Q. 子どもの能力を伸ばすには何が必要ですか?

僕はもともと絵描きになりたかった。小中学校で近畿のコンクールで入賞して、高校は美術部に入部。ところが2年生のとき、新入生の素晴らしい絵を見て、「自分のは“絵モドキ”だ」と気づいて断念しました。

次は作家になろうと考えました。ところが石原慎太郎の『太陽の季節』を読み、「これはとても書けない」と挫折。そのあと芥川賞を獲った大江健三郎の『飼育』を読んで完全に挫折しました。

僕は何をやっても才能がありませんでした。ただ、好奇心だけはあった。だから次々にいろんなことをやり、いまも自分の好きな仕事ができている。興味のあることを手当たりしだいにやるのが1番です。

田原総一朗の遺言:才能よりも、好奇心を伸ばせ!

(ジャーナリスト 田原 総一朗、ライフイズテック 代表取締役CEO 水野 雄介 構成=村上 敬 撮影=松本昇大)