©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

マツコ・デラックスが夜の街に出没し、あてもなく気の向くままにその地を徘徊する番組『夜の巷を徘徊する』。

1月11日・18日(木)の2週にわたり、同番組に木村拓哉が再び登場する!

©テレビ朝日

◆今度こそ大吉を! 木村拓哉とマツコが神社仏閣を巡る

前回出演時、浅草寺でおみくじを引いた木村とマツコ。しかし、結果はなんとふたり揃って“凶”!

今度こそは大吉を、ということで、今回は「ふたりとも大吉が出るまで神社仏閣を巡る」という企画を敢行。2018年の木村拓哉とマツコ・デラックスは“もっている”のか? それとも神社仏閣を彷徨うことになってしまうのか?

まずは、港区赤坂にある豊川稲荷東京別院へ。境内にあるお店でいなり寿司を楽しんだ後、さっそくお目当てのおみくじを引きに向かう。はたして…!?

©テレビ朝日

◆マツコ、木村拓哉に「じゃあ、一緒に住んでよ」

移動の車中では昔話に花を咲かせていたふたり。高校の同級生だったマツコと木村は、学生時代の思い出を語り合う。「同窓会とか行ってるの?」と聞く木村に、「行ってない。どんな姿で行ったらいいかわかんないもん!」と返すマツコ。

自分も行っていないと言う木村は、「そういうところに顔出せてないの、良くないよね」としみじみと話す。

途中、休憩に寄った十割そばの店では、鴨出汁つけそばと鶏天そばを堪能。食事をしながらマツコが「1日に1食しか食べないこともある」と言うと、それを聞いた木村は「それは身体に良くないよ」と注意。「じゃあ、一緒に住んでよ」とマツコが頼むと「まぁ、ありっちゃありかな(笑)」と優しい返答が。

体調を崩したばかりのマツコを気遣う木村の様子が随所に見られるが、実は昨年11月の入院中、マツコは木村からメールを受け取っていたのだそう。その内容は木村らしいシンプルかつ的確なものだったという。一体どんな文面なのか?

このふたりだからこそのリラックスした空気感で交わされる、ここでしか見られないトークは必見だ!