ソニー Xperia XA2 Ultra発表。デュアル前面カメラ採用、6インチ大画面の新世代Xperia
米国ラスベガスの家電・IT見本市 CES 2018 を直前に、ソニーが Xperia スマートフォンの新モデル Xperia XA2 / XA2 Ultra / L2 を発表しました。

Xperia XA2 Ultra は、超縦長ではない16:9の6インチ大画面と、自撮りに特化したフロントデュアルカメラが特徴の製品。

前面カメラは片方が8M画素センサ、F2.4レンズの広角120度でグループセルフィー用、もう片方は16M画素、F2.0で光学手ブレ補正対応、ISO 6400まで。明るくない場所でもきれいに撮る担当です。

【ギャラリー】Xperia XA2 Ultra (10枚)



【ギャラリー】Xperia XA2 (8枚)



Xperia XA2 Ultra の主な仕様は、6インチ 1920 x 1080 フルHD液晶ディスプレイ、Snapdragon 630プロセッサ、4GB RAM、32GB / 64GB eMMC内蔵ストレージ。外部メモリはmicroSDXC (256GBまで)。

背面カメラは23Mピクセル、ハイブリッドAF、F2.0レンズ、ISO 12800まで。ほか 3580 mAh バッテリー(Quick Charge 3.0対応)、出荷時OS は Android 8.0 Oreo。デュアルSIM / シングルSIM などは市場・地域により異なります。細長くない6インチ画面だけあって、重量は貫禄の221g。

最近の上位 Xperia といえば側面の細長い指紋センサが特徴的でしたが、XA2 / XA2 Ultra では背面カメラレンズの真下に丸い指紋センサを搭載します。

Ultra が付かない Xperia Xa2 は、対角5.2インチのフルHDディスプレイを採用。RAMが3GB、ストレージ32GB、前面カメラは広角120度の8Mピクセル F2.4のみ。バッテリーは3300mAh。そのほか、背面カメラやSnapdragon 630などの仕様は大きい ウルトラと同等です。重さは50g軽い171g。

昨年の XA1 は「高級なミッドレンジ」的な位置づけで5インチ720pでしたが、今年はさすがにフルHDになりました。

両機種とも価格は未発表(市場による)。今月以降、各国で販売予定です。