娘の似顔絵を描いた色紙に「お母さん頑張る」と書き込んだ松本薫

写真拡大

 柔道女子57キロ級の2012年ロンドン五輪金メダルの松本薫(30)=ベネシード=が8日、都内で行われた日本代表の強化合宿に、昨夏に第1子の女児出産後初めて参加した。20年東京五輪に向けて「ママでも金」と改めて目標を掲げ、「今年は出発の年。若い子も出てきているので自分の立ち位置を確認したい」と意気込んだ。

 3大会連続五輪を目指す松本は「野獣は野獣でも(動きの)速い野獣になりたい」と進化を予告。さらに、柔道スタイルについても「前までにプラスして投げきる力をつけたい。阿部(一二三)選手のように体幹を強くしたい」と力を込めた。

 この日もまな娘を託児所に預けながら汗を流したが、「全てにおいて子供や状況のせいにせず、計画を立ててやっていく」と育児との両立を宣言。まずは8月の全日本実業個人選手権(尼崎)を目指し、試合勘を取り戻していく。