バレーボール全日本高校選手権の最終日は8日、東京体育館で男女の決勝があり、男子は昨夏の全国高校総体優勝の鎮西(熊本)が、洛南(京都)にストレート勝ちし、21大会ぶり3度目の優勝。

 女子は金蘭会(大阪)が、昨夏の全国高校総体優勝の東九州龍谷(大分)を3―0で下し、3大会ぶり2度目の優勝を果たした。