8200部隊司令官時代のヤイール・コーヘン氏。部下から慕われる人柄で32年にわたって国防軍に貢献した

これまで「日本の『サイバー攻撃対策』に募る大きな不安」(12月18日配信)、「日本を舞台に選んだイスラエル起業家の決意」(12月26日配信)と2回にわたって報じてきた「中東のシリコンバレー」とも呼ばれるイスラエルの最前線。短期連載の3回目となる今回は、イスラエルの超エリート部隊を束ねる人物を直撃する。

少数精鋭のエリート集団「8200部隊」

イスラエルでは、国民は男女問わず徴兵制の対象となり、18歳になると男性は3年間、女性も約2年間それぞれ兵役につく義務がある。なかでも、アメリカの国家安全保障局(NSA)に匹敵する諜報機関である「8200部隊」には、早くから目を付けられたほんの一握りの優秀な学生が配属され、超エリートの少数精鋭部隊としてサイバーセキュリティや諜報活動などを遂行することになる。

そもそも、「8200部隊」の存在はこれまでベールに包まれてその実態は明らかにされてこなかった。しかし、最近は国家としてイノベーションを推し進め、テクノロジーやサイバーセキュリティ分野において強固な存在感を世界へアピールする際の重要なキーワードとして、その名が公に広く使われるようになってきた。

現に「8200部隊」での厳しい訓練と実務経験を経た後に、その経験を生かして起業する若者は後を絶たない。今や、優れた起業家や技術者を輩出する土壌や、卒業生の強固なネットワークなどはハーバード大学に匹敵するとまで言われている。

「日本を舞台に選んだイスラエル起業家の決意」(12月26日配信)で取り上げたイスラエル人起業家のヨアブ・ラモト氏も、少数精鋭の“8200”部隊出身者だ。今回は、そのエリート部隊を率いるイスラエル国防軍に32年間にわたって勤務してきた、元8200部隊司令官ヤイール・コーヘン氏への単独インタビューをお届けする。

ちなみに、コーヘン氏は現在スタートアップの経営支援をするベンチャーキャピタル「ペリテック」のCEOを務め、起業家を目指す多くのイスラエルの若者を支援している。特にサイバーセキュリティ分野などで強みを持つスタートアップに潤沢な資金や起業を成功させるノウハウ、さらには部隊出身者を中心にした幅広い人脈などを提供し、強力なバックアップでイスラエルにおけるイノベーションの屋台骨を支える影の立役者として活躍している。

その、元8200部隊司令官コーヘン氏が明かす「8200部隊」の実態とイスラエルのイノベーションの可能性とは。日本とイスラエルの未来像についても語ってもらった。

「8200部隊」に選ばれるエリートとは

――「8200部隊」に選抜されるのは、高校在学時から優秀な成績を収めた上位1%のエリートだけだと聞きますが、実際にはどのような能力を見られているのでしょうか?

国家の中枢で諜報活動に携わるため、8200部隊の一員に選ばれるのはごく一部の優秀な若者に限られます。理数系に秀でた成績であることはもちろん、IQ(知能指数)やリーダーシップ、ハッキングやプログラミングの能力なども試されます。そうして得た貴重な人材を、われわれはエリートとして育て上げることに注力します。部隊では多くの資金を投入して、国家の重要な任務を達成するのに必要な能力を鍛え上げるのです。

――ご自身が「8200部隊」にいたときに、特に印象に残っているエピソードはありますか?

もう30年以上前のことになりますが、当時の上司が私にこのような指令を出しました。「3億ドルの予算に値する仕事を与えるが、10人割くことはできんぞ。与えられる人員は3人だけだ。先を見通して、これから何が果たして必要になるのか分析をしてくれ。ちなみに、使える予算は300万ドルのみだ」


8200部隊に仕えていた当時のヤイール・コーヘン氏。当時の経験が自らの起業家精神を養ったと振り返る

極秘任務なので詳細はお話しできないのですが、本来3億ドルをかけるべき任務に300万ドルのみしか与えられなかったのは、資金や材料が十分にない状況においても、いち早く技術的な解決策を編み出す必要があることを考えさせるものだったからです。

資金が乏しい状況下で、このように非常に大きなチャレンジを若者にさせることは、隊員がイノベーティブな思考回路を持てるよう鍛錬するものであり、限られた資源で大きな結果を生み出すことにつながります。そして、その状況はスタートアップを立ち上げる出だしとよく似ているのです。

――8200部隊での経験が、その後のスタートアップを始める際の起業家精神を養う源泉になっているということですね。ちなみに、除隊後にも8200部隊出身者同士のつながりは非常に強固で、ビジネスを広げていく際にもそのネットワークが大きな意味を持ってくると聞きますが、実際は?

そのとおりです。今や、イスラエルで8200部隊出身者の在籍していないテック企業を見つけることが不可能なほどです。起業家や斬新なアイデアを持っている人が、8200部隊出身であることも非常に多い。彼らは、同窓会のようなものを開くなどして情報交換も積極的に行いますし、もちろん上下のネットワークも存在します。その後起業をする際に力になってくれる人物を探し当てるのにも、まさにこのエリートの宝庫のような人脈ネットワークが生きてくるのです。

「8200部隊」で得た2つの大切なものとは

――8200部隊での経験は、コーヘンさんご自身の人生にどのような影響を与えましたか?

8200部隊に仕えたことは、ほかでは決して経験できないすばらしいものでした。インテリジェンスと技術を融合させた特別な任務に携わり、すばらしく能力に秀でた人たちと一緒に仕事ができ、さらに国家を守るために貢献できる。こんなエキサイティングな経験はありません。

あと、一つ。私が8200部隊で得たものは、部隊における特別な経験だけではないのです。実は、もう一つ大切な物を手に入れることが出来ました。

それは、愛する妻です。妻は、私と同じ時期に8200部隊に仕えていた仲間でした。お互いが18歳の時のことでした。つまり私は8200部隊から、他では味わえない素晴らしい経験と “妻”というかけがえのない「2つの大切なもの」を得たのです。

――8200部隊にいたときは、仕事について家族や友達に話しましたか?

1973年に部隊に召集されましたが、その当時は家族にさえその事実を話すことは許されませんでした。ただし、同じ部隊にいた妻を除いては……ですけれどね。

――当時は、その存在はほとんど公にはされてこなかったようですね。ただ、ここ最近はイスラエル政府が積極的に「8200部隊」という言葉を、イノベーション国家としてのプレゼンスをアピールするのに使っているように見受けられます。実際に、部隊出身者が起業した会社のプロフィールに「CEOは8200部隊出身」などと明記して箔を付けるのに一役買っている例も増えていますね。

まさにそのとおりです。イスラエルは今、自国をイノベーション立国としてアピールする際、国家の成功に貢献した大きな柱の1つとして8200部隊について必ず言及します。部隊で培われた経験はイスラエルの国家としての成功に大きな影響を与えているからです。

8200部隊では、インテリジェンスの実務に加え、イノベーティブな方法で科学技術の発展に向けての解決策を学ぶこともできます。最近の部隊出身者は積極的に、8200部隊出身であることをアピールするようになりましたし、世界においてもその存在の知名度が上がってきたことで、ある種のステータスやブランド力のようなものも伴ってきていると感じています。

――日本政府も今、イスラエルとの交流を加速させようと要人がテルアビブなどに積極的に出向いているほか、昨年5月には「日・イスラエルイノベーションネットワーク」を設置して企業や大学などを巻き込み、相互の連携が加速しています。イノベーションでは一歩遅れていると評されがちな日本ですが、今後、イスラエルと日本との連携の可能性についてはどのようにお考えですか?

日本はイスラエルが小さな目立たぬ国であった頃から、すばらしいパワーを持ってきました。科学技術における日本とイスラエルの間のコンビネーションは、両国の間の違いにいい意味での化学反応が生まれて劇的な結果をもたらすと信じています。


CEOを務めるイスラエルのベンチャーキャピタル「ペリテック」のオフィスにて(コーヘン氏本人提供)

イスラエルには、失敗を恐れない精神があり、それがスタートアップを育む源泉になっています。今世界がものすごいスピードで変化している中で、綿密にすり合わせなどを重ねているうちにイノベーションはどんどん進んでゆく。やってみないとわからない、失敗もチャンスに変えるという大胆な思考回路で、スピーディに挑戦する精神が必要になってきます。

規律を重んじて慎重に物事を進める日本企業の特性と長年培ってきたすばらしい技術力が、イスラエルの精神とうまく結び付けば、世界で他の有力企業と太刀打ちできる大きな成果が得られるだろうと確信しています。

――サイバーセキュリティ分野では日本がイスラエルに学ぶことも少なくない?

そうですね。イスラエルは特に、長きにわたってサイバーセキュリティ分野に投資をしてきており、今や新たな成長エンジンとして世界からも一目置かれています。私の教え子でもサイバーセキュリティ分野で起業して成功している人たちは少なくありません。攻撃を受けてからでは遅いのです、敵の動きを分析して予測して先回りすることがこれからは求められています。

オリンピックも控え脅威も増しつつあるサイバー攻撃から身を守るために、イスラエルが日本に大きく貢献できることに疑いの余地はありません。イスラエルの若者が軍で実際に培った、危機迫る状況下での思考回路や課題解決能力は、日本のセキュリティ分野にも今後大きく生かすことができるでしょう。

インタビューを終えて――教え子が明かす

最後に、8200部隊の元司令官の趣味は何だろうと素朴に興味が湧き、聞いてみると「庭いじりとジョギングです」と、なんとも身近な答えが返ってきて思わず心が和んでしまった。

コーヘン氏に直接逢って話した印象は、元サイバー特殊部隊の司令官という一見強面な肩書とは裏腹に、なんとも温和で優しい人柄だ。終始にこにことほほ笑みながらも、瞬時に質問の意図を理解して的確な答えを返す様子に、司令官時代に部下や生徒からも慕われていたことを偲ばせる空気感をまとっていた。

ちなみに前述したヨアブ氏は、実はコーヘン氏が率いた8200部隊の教え子。コーヘン氏へのインタビューを終え、ヨアブ氏に話を聞くとこう返ってきた。

「コーヘン氏は、8200部隊で仕えているときから本当に尊敬できる師でした。けれど、私が彼と個人的により強い関係を持つようになったのは、私が1年前に自分の会社を立ち上げてからのことです。彼にアドバイザーになってもらい、8200部隊の文化や経験が日本との協業にどのように役立つか、実に上質なインサイトを与えて貰いました。

コーヘン氏は日本のことをよく理解していて、イスラエルとの文化的な違いを踏まえたうえで、ここでビジネスを成功させるにはどのように相手を尊重して敬意を払うべきかや、複雑な問題に対しての現実的な対処法など、基礎をたたき込んでくれました。本当に尊敬しています」

除隊後に連携が一層強まったという8200部隊出身者の師弟関係。つまり、部隊在籍時以上に、卒業してビジネスを始めてから強固な関係を築き合うことで、師は教え子や後輩がスタートアップを立ち上げる際の強力なメンターとなるのだ。

世代を超えて除隊後もネットワークを活かして支え合う構図に、イスラエルのイノベーションが急速に繁栄してきた秘密が垣間見えてくる。スタートアップに多くの頭脳を輩出する「8200部隊」のプレゼンスは今後ますます、世界で高まっていくのかもしれない。