7日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、9日に中国で開幕するサッカー男子のU−23(23歳以下)アジア選手権で活躍が期待される5人のプレーヤーの1人として、横浜F・マリノスのMF遠藤渓太を挙げている。写真はサッカー日本代表ユニホーム。

写真拡大

2018年1月7日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、9日に中国で開幕するサッカー男子のU−23(23歳以下)アジア選手権で活躍が期待される5人のプレーヤーの1人として、横浜F・マリノスのMF遠藤渓太を挙げている。

前回の16年に続く大会連覇が懸かる日本は、東京五輪世代のU−21日本代表で臨む。注目される16歳のFC東京のFW久保建英は「多くの試合に出ているので休養が必要」(森保一監督)との理由でメンバー入りしなかったが、新浪体育は「最も注目すべき5人の新星」として、中国のフル代表でも活躍するFW韋世豪(ウェイ・シーハオ)、カタールのFWアクラム・アフィーフ、タイのMFスパチョク・サラチャット、イラクのMFフセイン アリー "イスコ"と並び遠藤の名前を挙げた。

新浪体育は、遠藤について「20年の東京五輪世代で臨む日本代表の重要なメンバーの1人だ」とし「過去2シーズン、Jリーグの試合に数多く出場している。まだ20歳と若いが、その経験こそ彼の最大の武器だ」と評している。(翻訳・編集/柳川)