リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣より、ドラマ評論家の成馬零一氏、ライターの西森路代氏、佐藤結衣氏を迎えて、2017年のテレビドラマを振り返る座談会を開催。前編では、『ひよっこ』『カルテット』『過保護のカホコ』など、2017年に大きな話題となった作品を中心に振り返りつつ、そこから読み解ける各局の傾向や社会の変化について語り合った。後編では、2017年に注目を集めた俳優たちを振り返るとともに、2018年のドラマ界の展望についても語り合った。

前編:2017年ドラマ評論家座談会【前編】 『ひよっこ』『カルテット』『過保護のカホコ』各局の話題作を振り返る

■佐藤「『監獄のお姫さま』や『カルテット』はワチャワチャが許される空間」

西森:私と成馬さんはともに、2017年のベスト1位のドラマに『架空OL日記』(日本テレビ/読売テレビ)を挙げていますよね。

成馬:『架空OL日記』は、バカリズムが架空のOLになりきって書いていた個人ブログから始まっているんですよ。物語性が薄いので映像化は難しかったと思うのですが、今回、ドラマ化できたのは、その前に彼が脚本・原案を手がけた『住住』(日本テレビ)でも監督を務めた住田崇さんの力も大きいと思います。『住住』でバカリズムと住田監督が作り上げた会話の文体があって、それが『架空OL日記』では活かされています。その会話劇のトーンが今までのドラマにはないものだったので、1位にしました。

西森:いかにも“作った”という感じのOLはひとりもいませんでしたよね。今までのOLものだと、お局様が出てきていがみ合ったり、恋愛でいざこざがあったりと、ステレオタイプな表現になりがちでしたが、『架空OL日記』には一切それがなくて、登場人物たちがごく普通に毎日を過ごしているだけ。漫画の貸し借りとか、お茶っ葉をどうするかとか、ロッカールームの暖房器具が壊れて買いに行ったりとか。本当にたわいもないエピソードの積み重ねなんだけれど、終わるとなるとすごく寂しい気持ちになって。

佐藤:『監獄のお姫さま』(TBS)や『カルテット』(TBS)もそうなんですが、ドラマを観ている時間、その世界を生きているキャラクターたちと空間を共有している、みたいな感情が芽生えるんですよね。ワチャワチャが許される空間って、大人になるほど少なくなるように思うんです。それこそ、『監獄のお姫さま』にあったように、「先に結論から言ってください」って言われるのが現実だから。最終回になると、もうそこには遊びにいけないんだっていう寂しさに繋がるんじゃないでしょうか。

成馬:あの世界からはじき出されたように気持ちになるんですよね。『架空OL日記』の世界は、これからも続いていくんだけれど、自分はもうその空間には入れてもらえなくなってしまったような。実際、バカリズムさんは女装しているときは出演者のみんなが仲良くしてくれるけれど、着替えて帰る段階になると急に冷たくなるってことがあったらしくて。おそらく演者の間にも特別な空間が形成されていたんでしょうね。

■西森「夏帆さんは女性の群像劇には欠かせない」

西森:『架空OL日記』や『伊藤くん A to E』(MBS/TBS)もそうですけれど、2017年の好きなドラマには必ず夏帆さんが出ていて、女性の群像劇には欠かせない存在だなと感じました。『伊藤くん A to E』は、伊藤くんというクズ男子を巡る女性たちの話なんですけれど、結局は伊藤くんがクソすぎて女子同士に小さな連帯感が生まれるんです。ダメな男性がいて、女性同士が連帯するという意味では、『監獄のお姫さま』にも通じる構造ですよね。夏帆さんはそういう女性たちのシチュエーションにハマる女優なのかなと。私にとっては夏帆さんを見ていた1年でした。このドラマの中の男性俳優だと、山田裕貴さんと中村倫也さんがすごくよかったです。どちらも脇でちょっと変わった役柄をやっていて。

佐藤:中村倫也さんは『新宿セブン』(テレビ東京)でKAT-TUNの上田竜也のバディ役をやっていたのが良かったですね。

西森:あとは『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ)で、ムロツヨシさんとやっていた掛け合いも印象的でした。決して派手なタイプではないけれど、色んな種類の作品に出ていて面白かったです。

成馬:でも、男性俳優でいうと、2017年は高橋一生さんがとにかく目立ちましたね。しかも、全部主演ではなかったのがすごい。2015年の『民王』(テレビ朝日)くらいから評価は高くて、すでに名脇役とは言われていたけれど、『カルテット』で一気に火がついた感じ。

佐藤:高橋一生さんの演技は、クセの強い役を演じても、どこか“こういう人いる”と思わせる力があるように思います。特徴的なのに、悪目立ちせず、物語をしっかりと引き立てることができる稀有な俳優さん。あの鼻にかかった独特の声が聞こえてくると、テレビ画面から目をそらしていても「あ、出てきた!」と嬉しくなります。

西森:声のいい人はいいですよね。『陸王』(TBS)に出ていた志賀廣太郎さんも、いい声でした。志賀さんのことを考えると、2017年は脇で光る俳優さんにスポットが当てられた一年だったのかなと。名脇役と呼ばれる方々を集めた『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』(テレビ東京)などは、とても象徴的ですよね。同作に出演していた遠藤憲一さんや松重豊さんは、いまやCMでも引っ張りだこですし。

■成馬「脇で輝いていた人ほど主演に行くのには苦労する」

成馬:イケメンでいうと、竹内涼真さんでしたね。『ひよっこ』(NHK)でブレイクした後に『過保護のカホコ』(日本テレビ)がきて、『陸王』につながるという流れも良かった。運も実力のうちと言いますけど、とても役に恵まれていた。

西森:やっぱり『仮面ライダー』(テレビ朝日)をやっていた俳優さんのコースってありますよね。『仮面ライダー』から朝ドラに出るという。竹内さん、佐野岳さんなど、『仮面ライダー』出身者が出ていた『陸王』では馬場徹さんの回がすごくよくて、ほかにも山崎賢人さんなども含め、若手をちゃんと良い役で使ってくれているなと感心しました。『陸王』は、『半沢直樹』(TBS)や『下町ロケット』(TBS)なども手掛けてきたチームですが、いつも良い役者を色んな世界から見つけてくるんですよね。今回の『陸王』だと、松岡修造さんが、演技者としてすごくちゃんと機能していて。

佐藤:女優さんはどうですかね。私は『カルテット』と『監獄のお姫さま』の満島ひかりさんがすごく良かったんですけれど、新しい人でいうと吉岡里帆さんがブレイクしたなと。

成馬:吉岡里帆さんは『カルテット』で一度頂点を迎えてしまった感じがありますよね。脇で良い演技を見せても、主役を演じるにはあと一歩足りないものがあって、その課題に挑戦している最中なのかなと。『ごめん、愛してる』(TBS)での主演は良かったけれど、『カルテット』の来杉有朱役のイメージが強烈すぎて、なにをしても胡散臭く見えてしまうところがあって。彼女は3番手、4番手の飛び道具的な役柄で評価されてきましたが、そこから主演に行くのは実は難しいんですよ。これまでの演技とはまた違う意味での精度が要求されるというか、ある意味でベタな演技も必要になるから。松岡茉優や波瑠も、そのあたりは課題ですよね。高畑充希はうまい具合に主演級にシフトできたけれど、基本的には脇で輝いていた人ほど主演に行くのには苦労しますね。だから、高橋一生とかもそのあたりが課題になるかもしれません。

西森:主演と脇役だと、脇役の方がキャラクターとして美味しいっていうのは、かなり多いケースで。主演になると看板を背負わなければいけないし、もしもドラマが失敗したら、その人のせいにされてしまう可能性もあって、必要以上に責任を負わされてしまって、大変なんですよね。それもこれも、キャスティング偏重で見てしまう感じの記事が多いのも関係あるのかなと思うんですけど、ドラマはいろんな要素で成り立ってるんだってちゃんと言っていかないと。

成馬:稲垣吾郎なんかは逆に、脇役を演じたことで俳優としての評価を高めました。だから、俳優にとっては人気絶頂で主演をやらなければいけない時期が一番大変なのかもしれません。

佐藤:これまで一度主演クラスの役を演じた方が脇役に挑戦すると、どこかランクが下がったように見えてしまう傾向にあったように思います。特に、ジャニーズのタレントさんにそうした評価が強く印象づいていた気がします。そのしがらみを打破していったのが、稲垣さんではないでしょうか。2017年ではKis-My-Ft2の玉森裕太さんが『リバース』(TBS)で脇を演じたことで、むしろ演技力の幅を見せることに成功しました。これからも柔軟な体制で、可能性を広げていく役柄に挑戦していってほしいですね。

成馬:ジャニーズだと、風間俊介さんのポジションはおいしいですよね。彼は少し前まで犯罪者などの悪役が多かったから、そういうイメージが強くなっていたけれど、『陸王』ではとうとう普通の人になった。やっぱり福澤さんチームは役者に対して優しい。

佐藤:2017年は、浅野忠信さんも面白い動きをしていましたね。

成馬:『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS)ではすごくベタな演技をやってみせて、逆に『刑事ゆがみ』(フジテレビ)では脱力系の人を食った演技をしていて、90年台の浅野忠信が戻ってきた感じでした。『刑事ゆがみ』は変わったドラマで、どこが面白いかと問われると難しいんだけれど、神木隆之介くんとのやりとりが楽しくて、ずっと観ていられる。フジテレビの隠れた傑作でした。

西森:星野源さんが主演を務めた『連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜』(WOWOW)も、俳優のキャリアを考えるうえで興味深い作品でした。刑務所から出所してきた人たちがシェアハウスで暮らす話で、世間の厳しい目に晒される物語なんですけれど、地上波じゃなくてWOWOWなんですよね。星野源さんが『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)後に、どんな作品に出ていくのか、ちゃんと考えて選んだ作品という感じで。ちなみに、星野源効果で加入者は増加したって噂も聞きました。

成馬:いまはBSやネットドラマも選択肢のひとつとしてアリですよね。フジテレビのFODで配信されて、その後にテレビでも放送された『ぼくは麻理のなか』もかなり面白かった。いわゆる男女入れ替わりものなんですけれど、ものすごくエロい話で。さえない大学生と女子高生が入れ替わるから、一見するとエロ系のラブコメかと思いきや、陰惨な青春ドラマになっていくんです。画面の作りも独特で、結構ショッキングでしたね。あと、主演の池田エライザさんは、本当にエロい演技ができる貴重な存在だと思いました(笑)。

■西森『奪い合い、冬』は自信を持って珍作と言い切れる

佐藤:逆に、珍作だと思った作品はありますか? 個人的には『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ)が変わった作品だったなと思いました。世界的に美しい顔と評価されている桐谷美玲さんが容姿やファッションセンスにコンプレックスを持つ主人公を演じるのは、難しい印象を持ったんです。桐谷さんがコメディアンヌとしての活躍が期待できる作品ではありましたが、もっと共感を呼ぶキャスティングでよかったのでは。またブルゾンちえみさんも、高飛車な女性ネタでブレイク中だったので、男性の視線に怯える役にフィクション感が強くなってしまったように思いました。

成馬:『人は見た目が100パーセント』のブルゾンちえみもそうですが、『カンナさーん!』(TBS)の渡辺直美も使い方がもったいなかったですね。芸人をキャスティングして難しいのは、本人の在り方の方が面白くて、ドラマがそれに追いつかない場合。なぜこの人が今さらこんなことで悩んでるんだろうって思ってしまう。役柄が普通の人間だと、むしろ彼女たちの魅力を半減させてしまうんですよね。もっと、本人のキャラクターを役にフィードバックしないと。

西森:直美さん自身もツイートで「あのキャラの行動は自分の思う行動とは違って不思議」みたいなことは言ってましたね。旦那がひどい男性なのに、直美さんの役は耐え忍ぶような感じで。演じている本人とけっこう違うキャラクターだったように見えて。

佐藤:すでに個として出来上がっている人が、保守的な一般人を演じるのは難しいですよね。

成馬:逆に、古谷実の漫画が原作となった『わにとかげぎす』(TBS)には、実写で俳優が演じることの限界を感じました。古谷実の作品には人間に対する徹底した冷たさみたいなところにあると思うんです。特に『ヒミズ』以降は、ものすごく突き放した視点で人間を見ていて、クズみたいな人間が情け容赦なくあっさり死んでいく。でも、実写になると、死ぬ前にその人物が自分の過去を振り返ったりするんですね。これは役者に対する配慮もあったのかなと。ドラマとしてはよくできていて、本田翼の見せ方も良かったんですけれど、古谷実の作品にあった冷酷さが中和されてしまっていて、ちょっと惜しかった。

西森:古谷実さん作品に限らずですが、ラストの解釈とかが変わるとやっぱり賛否両論にはなりますよね。映画『ヒメアノ〜ル』とかも演技に関してはみんなすごく高い評価だったけど、展開についてはいろんな意見があって。

成馬:役者との付き合いがあるから、難しいですよね。かなり人でなしの監督じゃないと、あの漫画みたいに人間を雑に扱うのは難しい。その登場人物が惨めな死に方をするとしたら、役者になぜそうなのか説明しなければいけないだろうけれど、理由もなく死んでいくのが古谷実の漫画の醍醐味でもありますから。そういう突き放し方ができるのが漫画表現の強みでもあって。

西森:漫画原作はそこが難しいですね。『あなたのことはそれほど』(TBS)なんかも原作ものでしたが。

成馬:ただ、『あなたのことはそれほど』の場合は、原作ではいくえみ綾がものすごい繊細な人間描写をやっていたのに対して、ドラマはわざと雑な感じで作っていて、それが逆にエクストリームな面白さにつながっていたのかなと。そういう意味で、かなり変わった作品でした。

西森:珍作として見たのは、やっぱり『奪い合い、冬』(テレビ朝日)ですかね。脚本を鈴木おさむさんが手がけていて、明らかに狙ってオーバーで、なにかツイートしたくなるような演出をしていたと思います。

佐藤:最終回は副音声を聴きながら見ましたけど、主人公たちのやり取りに対して、「出ますよ、出ますよ!」みたいな感じで(笑)。

成馬:鈴木おさむさんはYouTubeの番組で、『奪い合い、冬』はわざとああいう作りにしてバズることを狙ったって話していましたね。

■成馬「オンとオフの境界はさらに曖昧になっていく」

佐藤:2018年のテレビドラマ界では、テーマとしてはどんなものが求められそうですか? 2017年は仲間同士が集まって、心地良い空間を共有できるようなドラマが目立ちましたが、そういう空間の根底には「多様性を認める」という価値観があったように思います。いろんなキャラクターがいて、その人たちが誰も傷ついていなくて、自分もその中に入っても傷つかないユートピアが求められていたというか。『カルテット』はまさにそうで、恋愛ドラマよりもそういう人間ドラマが求められていたのかなと。

成馬:オンとオフの境界はさらに曖昧になっていくのかなとは思います。視聴者側はドラマ放送時間外もSNSでその作品について発信しているし、ドラマ自体も『山田孝之のカンヌ映画祭』(テレビ東京)みたいな、役者が本人役で出ている作品が増えている。視聴者が登場人物たちと空間を共有するような感覚のドラマも、境界についての意識が重要な感覚のひとつで、そういう世界感を形にするためにも多様性を認める必要があったのかなと。

西森:そういう意味では、『監獄のお姫さま』はもう一歩先のところに辿り着いていると思いました。あの作品でキョンキョンの役は「冷静に、冷静に」っていうセリフをよく言っていましたが、逆にちゃんと感情的になる部分を描いています。女性は感情的になってはいけないとか、女性は感情的だって言われがちですけれど、感情を抑えないといけない抑圧が存在しているし、爆発させるにはそれ相応の理由があるということを、すごく意識的に書いていて、単なる「そこにずっといたい心地よい空間」だけを描くのではないんだなと思いました。だからこそ、馬場カヨが元夫と板橋吾郎を重ね合わせて、満島さんの先生は姫の母親に対して、感情を爆発させたシーンで本当にぐっときてしまいました。

成馬:宮藤官九郎は、『木更津キャッツアイ』(TBS)の頃から“誰も傷つかない優しい世界”を描く先駆けみたいな感じで、『あまちゃん』(NHK)がその集大成みたいな感じだったんですけれど、それ以降の『ごめんね青春!』(TBS)は、とある男子校と女子校が共学化する物語で、男女の衝突もちゃんと描いていたんですよね。『監獄のお姫さま』はその延長線上にあるドラマで、登場人物たちの仲間意識と同時に、ジェンダーに対する鋭い問題意識も描いていました。坂元裕二さんにせよ、遊川和彦さんにせよ、嗅覚の鋭い脚本家はジェンダー問題に意識的ですよね。

西森:今、ちゃんと支持されているクリエイターはジェンダー観にも敏感で、世の中の変化や本質をちゃんと見抜いた上で、「単に配慮すればいいんだろう?」という次元はちゃんと超えて、世の中に問題定義するような攻めた表現ができていると思います。

成馬:ポリティカル・コレクトネスを表現の規制みたいに捉えてしまうと、次の段階に行けないですよね。『逃げるは恥だが役に立つ』は、現代のジェンダー観や労働観を踏まえた上で、今の世の中における理想の人間関係を描いたのに対して、『監獄のお姫さま』はそういう考慮が求められる時代に起きている混乱を「笑い」を通して描いていました。たとえば「おばさん」という単語は誰が言うかによって意味合いが変わってくるし、そういう言葉の混乱自体をテーマにしていたところがあった。主人公たちが板橋吾郎を監禁して椅子に縛って、「乳首立っている」って突っ込むシーンがあったんですけれど、これって男女が逆なら誰がどう見てもセクハラですよね。そういう混乱させる言葉を色んなキャラクターに言わせることで、本質的にはどちらもセクハラであるという部分に気付かせようとしていた。

西森:あれは非常に鋭い問題提起でしたね。ちょっと立場を変えただけで、ざわっとする表現になって、見る側に考えるきっかけを与えていました。宮藤さんはパク・チャヌクの『お嬢さん』のプロモーション時に監督とも対談していて、もしかしたらこの作品に影響を受けているのではないかという意見も聞くんですけど、『お嬢さん』にも、男女で見方が違って、そこから考えさせるシーンがあったり、笑う人がいたり、一方で誰かにとっては痛みを感じるシーンなんかもあって、見る人によってどこの層を見ているのかが分かれるような作品だったんです。『監獄のお姫さま』にもそういう「層」があったんじゃないかと思います。(松田広宣)