平昌五輪のフィギュアスケート男子代表に選出されたネイサン・チェン【写真:Getty Images】

写真拡大

金メダル候補のチェン、初の五輪代表に早くも闘志「準備はできている」

 米国フィギュアスケート連盟は7日(日本時間8日)、2月の平昌五輪の男子代表3選手を発表し、選考会を兼ねた全米選手権で圧勝したネイサン・チェンが選出された。「ずっと夢だった」という初の五輪切符を掴んだ18歳は「人生の全てをかけてこの瞬間を目指していた」と歓喜。感動の胸中を米メディアが伝えている。

 18歳の青年が、夢を正夢に変え、五輪切符を掴んだ。全米選手権を2位に40点差をつける圧勝で制したチェンは順当な選出。それでも、初の緒舞台に立つ喜びは、格別なものがあったようだ。

「(五輪出場は)ずっと僕の夢だった。2018年に成し遂げたいことはまさにこれだった。やり遂げたと思っているよ」

 米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は、優勝後に同局に語ったコメントを紹介。さらに、平昌五輪に向けて問われると「もっとプレッシャーもかかるし、メディアも増える」と語る一方で「それこそ、僕が生涯で求めていたことだ。準備はできているよ」と早くも闘志を燃やしたという。

 米紙「People」電子版では、五輪にかけてきた思いを明かしている。

五輪にかけた胸中「僕にとって一番のゴール」「人生をかけて目指してきた」

「アスリートとして、人間として、モチベーションを失ってしまう時というのもあるが、僕にとっての一番のゴールはオリンピック代表になることだった。いつだって自分のゴールが何であって、何を目指しているかは分かっていた。人生の全てをかけてこの瞬間を目指していたし、簡単に諦めるつもりはなかった」

 五輪の舞台に立つという目標があったから、どんな困難にも打つ勝ち、乗り越えてこられたようだ。「2022年も可能性はあると思う。体のことや、他の要素も関係してはくるはずではあるけど。正直なところ、気持ちは両方の五輪に向いているよ」とも語ったが、18歳で挑む今大会も金メダル候補の一人に挙がっている。

 今季はGPシリーズ、ファイナルを含め、5戦全勝。英紙「デイリー・メール」は「チェンは来月の冬季五輪でアメリカ代表金メダル最有力候補としての地位を固めた」と賛辞を送るなど、五輪の金メダル争いでも海外の評価は高まっている。

 大会では66年ぶりの連覇を目指す羽生結弦(ANA)が大本命に位置しているが、チェンも楽しみな存在あることは間違いない。ハイレベルな白熱した戦いは、平昌のリンクを盛り上げてくれそうだ。(THE ANSWER編集部)