ロブ・ハルフォード、素面32周年でファンに感謝

写真拡大

ジューダス・プリーストのフロントマン、ロブ・ハルフォードが週末(1月6日)、ドラッグやアルコールを断ち32年が経過したのを機に、あらためてファンへ感謝するメッセージをFacebookに投稿した。

◆ロブ・ハルフォード メッセージ

「今日で俺は32年間クリーン&素面だ。一日一日着実に。君らの誰もが俺の人生に関わり、君たちの愛と支援が、その瞬間を生き、君らのために最善を尽くすよう俺を励まし助けてくれている。みんな、ありがとう」

ハルフォードは数年前、ドラッグやアルコールを断っていなかったら「俺は死んでたよ。間違いなく俺は死んでて、いまここにいない」「俺は人々を愛してる。俺はバンドにいることを愛している。音楽を作ることを愛している。俺は、それが中毒でいるよりはるかに大事だってことを得心する必要があった」と話していた。

ジューダス・プリーストは3月(日本7日)に18枚目のスタジオ・アルバム『Firepower』をリリースする。先週、収録曲の1つ「Lightning Strike」のミュージック・ビデオを公開した。

この夏67歳になるハルフォードだが、リタイアのリの字も窺えず、バンドは新作のリリースに合わせ3月中旬より新ワールド・ツアーに乗り出す。

Ako Suzuki