UAE皇太子の最側近が来韓した=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】アラブ首長国連邦(UAE)皇太子の最側近でアブダビ首長国執行関係庁長官のハルドゥーン・アル・ムバラク氏が8日午前に専用機で韓国入りした。任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長と会談する見通しで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領とも会うかどうかに関心が集まっている。

 任氏は先月初めに文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使としてUAEを訪問したが、野党や一部のメディアが「文政権の脱原発政策に対するUAEの不満を解消するため」などと取り沙汰しており、今回の要人来韓との関連性が注目される。韓国はアブダビ首長国に原発を建設中だ。

 ハルドゥーン氏はこの日午後に国会を訪れ、丁世均(チョン・セギュン)国会議長を非公開で表敬訪問する。10日午前0時すぎに出国する予定だという。韓国訪問にはアブダビ政府系ファンド、ムバダラ開発公社の最高執行責任者(COO)らも同行しているとされる。