【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は8日の定例会見で、「南北高官級会談の対策は次官レベルの戦略企画団会議と長官主宰の戦略会議による関係機関間の緊密な協議を経て策定、国家安全保障会議(NSC)常任委員会協議で確定し、統一部長官が大統領に直接報告した」と説明した。南北高官級会談は南北軍事境界線がある板門店で9日午前10時から開催される。

 会談に臨む代表団の人選は、統一部が関係機関トップと協議し、首相、さらに大統領の承認を受けてから北朝鮮に通知したという。

 白氏は、統一部の政策革新委員会が先ごろ、南北会談は主務官庁である統一部が関係機関と協議しながら推進すべきと勧告したことに言及しながら、「文在寅(ムン・ジェイン)政権の最初の会談からこうした原則と立場で南北関係発展法など関連規定と手順に従い、統一部を中心にすべての準備を進めている」と説明した。