ダスティン・ジョンソン【写真:Getty Images】

写真拡大

世界ランク1位ジョンソン、衝撃ショットにファン騒然「今までで最も凄まじいドライブ」

 米男子ゴルフのセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズで、世界ランク1位の名手がパー4の第1打でピン15センチにつける衝撃ショットが炸裂。あとひと転がりすれば……という“ホールインワン未遂”のスーパープレーの瞬間をPGAツアー公式ツイッターが動画付きで速報すると、海外ファンは「今まで見てきたな中で最も凄まじいドライブ」「歴代で最高のショットの1つに間違いない」と仰天している。

 なぜ、こんなに飛ばせるのか。パー4で“ホールインワン未遂”の衝撃ショットを放ったのは、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)だ。

 7日(日本時間8日)の大会最終日。433ヤードの12番パー4だった。ジョンソンは慎重に構えると、豪快にドライバーを振り抜いた。スイングの風を切る音がカメラまで聞こえ、ボールを破壊するかのような音を残し、あっというまにボールは小さくなっていった。しかし、この後、信じられない展開が訪れる。

 フェアウェイ左にかっ飛ばしたボールは勢いが止まることなく、下りの斜面でどんどん弾んでいく。そして、そのままグリーンに届いたのだ。ただ、ボールは止まる気配がなく、さらに転がっていく。5メートル、10メートル。すると、その先にピンが見えた。完全にラインに乗って一直線。まさか――。

 にわかにギャラリーが沸き立った。しかし、ボールはカップ直前で失速し、止まった。その距離、約15センチ。もうひと転がりすれば、ホールインワンという位置だった。奇跡の“パー4エース”は逃したが、信じられない一打にコース全体が一気に熱狂に包まれた。

ファン仰天の声続々「普通にやってのけているが、まったく普通ではない」

 PGAツアー公式ツイッターは「“ここから壮大な馬力” 追跡…追跡……!!」と題し、動画付きで速報。実に433ヤードを1打で15センチにつける衝撃ショットの一部始終を目の当たりにしたファンは、次々と仰天の声を上げている。

「正直に言って、今まで見てきたな中で最も凄まじいドライブ」

「歴代で最高のショットの1つであることには間違いないだろう」

「DJ覇権は終焉を迎えそうにない」

「普通にやってのけているが、全く普通ではない」

「一体、誰が彼を止められるんだ」

 目下、世界ランク1位に君臨する33歳。そのパワーで数々の驚愕ショットを放ってきたが、今回のスーパーショットは歴代NO1クラスの衝撃となっている。

 このホール、悠々とイーグルを沈めたジョンソン。首位を独走しており、2018年初タイトルはファンにとっても脳裏に刻まれるものとなりそうだ。(THE ANSWER編集部)