明石家さんま、“カトパン”の結婚式へ!応募者の夢叶えるロケに初参戦

写真拡大

1月8日(月・祝)21時より放送されるTBS恒例の正月番組『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』。24年目を迎える今回、MCの明石家さんまが、番組史上初めてとなる「夢」を叶えるロケに出たことがわかった。

「テレビの持つプラスの力を結集して、人々の夢を叶えあげよう!」というコンセプトのもと、毎年見る人々に感動を与え、24年目を迎えた同番組。今回も、街頭インタビューや手紙、そしてインターネットで「叶えたい夢」の募集をかけ、全国から1万通以上の「夢」が集結。今回は「史上○○な夢」をテーマに、さまざまな「夢」が選ばれた。

さんまが叶えるのは、加藤綾子さん(旧性)による「主人が大好きなさんまさんに結婚式に来て欲しい」という「夢」。「ハマ(横浜)のカトパン」と呼ばれている綾子さんは、「出演する番組は見逃したことがない」というほどさんま好きなご主人のため、結婚式にぜひ来て欲しいと願い、応募していた。

ご主人は、綾子さんにさんま風ツッコミを要求したり、ダメ出しをしたりと、さんまの話ばかりの日々を送っているという。それを聞いたさんまはロケを快諾、早速ロケに出ることに。しかし、綾子さんは「応募はしたものの絶対にありえない」と思い、結婚式の余興には、さんまのモノマネで人気の芸人・ほいけんたに出演をお願いしてしまっていた……。

“東京のカトパン”には断られたさんまだが、“ハマのカトパン”のことは幸せにできるのか? さらに“カトパン”だったからOKしたのか? はたまたご主人の“さんま愛”に心動かされたのか? そして、余興を受けていたほいの運命は?