ユーベ、“ポリシー”貫きアレックス・サンドロの移籍容認へ

写真拡大

▽ユベントスがブラジル代表DFアレックス・サンドロ(26)の移籍容認の姿勢を示した。『フットボール・イタリア』が報じた。

▽アレックス・サンドロは、2015年夏にポルトから加入した攻撃的な左サイドバック。現在、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドが関心を示しているとされている。

▽ユベントスで最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏は、そのアレックス・サンドロについて、イタリア『Rai Sport』で次のようにコメントした。

「退団を望む選手を引き止めたりしない。それこそがユベントスのポリシーだ。確かに、ビッグクラブが彼に関心を示している。でも、今のところ、正式な交渉に至っていない」