試合に敗れ、涙を見せる誠英・黒木夏希(2)ら =東京体育館(撮影・佐藤徳昭)

写真拡大 (全3枚)

 バレーボール・全日本高校選手権第4日(7日、東京体育館)誠英は昨年8月の高校総体決勝で敗れた東九州龍谷にフルセットの末、敗れた。チームをけん引したヒックマン・ジャスティス(3年)は、最終セットに両足をつるアクシデントに見舞われ、退場。相手のマッチポイントとなった場面で田渕正美監督に促され、再びコートへ。高校バレー最後の瞬間をコート上で迎え「今まで助けられて来たぶん、やりきろうと思いました」と目を赤くした。