東京五輪への“トイレ大改修”に世界が注目している【写真:photolibrary】

写真拡大

20年東京五輪へ、外国人対策の“脱・和式計画”を英特集「スクワット型から着席型へ」

 2018年を迎え、すでに開幕まで残り1000日に切っている東京五輪。多くの外国人ファン、関係者が訪れる一大イベントへ向け、国内では様々な対策を進めているが、英メディアは外国人が日本で悩む“トイレ問題”の大改修に注目。観光施設の洋式化を進めていることについて、海外ファンから歓迎の声が上がっている。

「2020年東京オリンピックで数千万の外国人観光客を歓迎すべく、日本がスクワット型トイレから着席モデルへと移行開始」

 こう見出しを打って特集したのは、英紙「デイリー・メール」だ。記事では東京五輪に向けた“トイレ改革”に注目し、大々的に取り上げている。

 記事では「このハイテク国家は、シート加温から圧力可変のビデ機能まで、幅のあるトイレテクノロジーにより外国人旅行者を惑わすことでも知られている」と日本のトイレ技術を称賛する半面、馴染みのない外国人が戸惑ってしまうことを言及している。

 その上で「しかし、ある者が驚き、不意打ちを食らった者が落胆するのは、公的な場所のトイレの多くは伝統的なスクワット型だということだ」とつづっている。

 記事では、日本の観光庁によると、国内の主な観光地の約4000か所の公衆トイレのうち約40%が和式となっており、同庁は20年に向けて観光地の公衆トイレを洋式に改修することを目指していると紹介している。

外国人8割が「洋式派」…海外反響「膝が強くないと、スクワット型は使えない」

 また、「TOTO」が外国人に行った調査では、8割を超える人が和式より洋式を好んでいるといい、外国人が初めて和式トイレを見て使い方に困るケースなども紹介している。

 こうした背景もあり、20年東京五輪までにトイレを洋式化することについて、記事のコメント欄でも海外ファンが過敏に反応している。

 和式については「クアラルンプールの空港で見かけた。ちょっと衝撃だった」という声が上がり、さらに「お年寄りはどうやってバランスを保っているのかな」「誰も足つらないの?」「膝が強くないと、スクワット型トイレは使えないね」と素朴な疑問の声が上がっている。

「スクワット型も健康的だと思うけど」という和式肯定派もいたが、大改修については「あとは清潔に保ってくれるよう願うばかり」という声のほか、「一度、完全自動化された温かい日本のトイレを使ってしまうと、もう後戻りはできないよ、なんて快適!」と日本のトイレ技術を称賛する人もいた。

 記事では、日本政府は20年までに外国人旅行者を年間4000万人に増やす目標を掲げたことも紹介している。大勢やってくる外国人を必要不可欠なトイレから満足させられるか。にわかに注目が寄せられている。(THE ANSWER編集部)