JR北海道の特急オホーツク2号 緊急列車停止装置の電源を切ったまま走行

ざっくり言うと

  • JR北海道は7日、特急列車が緊急列車停止装置を入れずに走行していたと発表
  • 始発駅で点検した運転士が、車両の電源が切れていることを見落としていた
  • 運転士は「点検した際に気づかなかった」と話しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング