桂文枝の不倫を愛人が告白「私も夢見心地になっていました」

ざっくり言うと

  • 桂文枝の最後の愛人が明かした8年間を週刊新潮が報じた
  • 愛人にとっては文枝が初めての男性経験で、2カ月に1回家に来ていたという
  • 「将来は一緒に住んで、俺の介護をして」と言われ夢心地だったと振り返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング