1月8日(月)放送の「激レアさんを連れてきた。」に、大きな勘違いをしてしまったバイオリニストが登場/(C)テレビ朝日

写真拡大

1月8日(月)放送のバラエティー「激レアさんを連れてきた。」(毎週月曜夜11:15-0:15テレビ朝日系)に、「世界的バイオリニストとしてずっとヨーロッパの貴族の前で演奏していたので居酒屋『鳥貴族』を貴族が集まるサロンとうっかり勘違いして面接を受けてしまい、とりあえず働いていた」という激レアさんが登場する。

【写真を見る】バイオリニストの腕前を見守る玉木宏/(C)テレビ朝日

日本バイオリン界の名門・鷲見(すみ)家に生まれた今回の激レアさん・スミさんは、14歳でニューヨークのジュリアード音楽院に留学し、世界的なバイオリンコンクールでも優勝、あのカーネギーホールでもリサイタルを開いた世界的なバイオリニスト。24歳でイタリアに渡った後も、現地の貴族たちと優雅なバイオリン生活を送っていた。

そんなバイオリン以外は知らない超箱入り娘のスミさんだが、家族の体調不良をきっかけに一時帰国。「家族に何かあったとき、自分独りでも行きていけるようにならなくては」と一大決心し、アルバイトすることを決意する。

ある日、たまたまインターネットを見ていたとき、目に飛び込んできたのが、あの有名焼き鳥専門居酒屋チェーン「鳥貴族」のアルバイト募集広告だった。

帰国前、ヨーロッパでも貴族まみれの生活を送ってきていたスミさんは、その店名から「ここは貴族が集まるお店に違いない」「そういうお店なら、わたしもリラックスしてアルバイトができるかも」と、とんでもなく大きな勘違いをしたまま、なんとアルバイトの面接へ。

その後、無事採用されてしまい、「おかしいな…」と思いながらも働き始めた世界的なバイオリニスト・スミさんが、お昼から夕方まで焼き鳥の仕込みをし、“ソリスト”と“トリキスト”の二足のわらじを履いていたアルバイト話にゲストの玉木宏も爆笑。

想像を絶する浮世離れっぷりと、あまりに世間知らずな珍行動、珍思考の数々に、若林正恭も思わず「今までの激レアさんの中で一番怖いよ!」と絶句。“貴族”違いから、誰も経験したことのないアルバイト物語に一同驚愕(きょうがく)する。(ザテレビジョン)