仕事柄、または移動の導線上に銀座がある人も多いはず。

しかし、意外に店を知らなかったり、世代的にも上なイメージがあって、敬遠していたりする。

男も30を超えれば、銀座に行きつけのお店を持つべき。とはいえ、小料理屋や鮨屋では、日常使いにはハードルが高い。

そこで提案したいのが、ひとりでも部下とでも行けるカウンターのあるお店。30代なら、少しモダンなくらいがちょうどいい。

しかも、エリアは銀座の中心部。行きつけにしたい、僕ら世代にマッチするお店をご紹介!




男ひとりも絵になる馴染みになりたい空間
『La luciole』

それがどんな一流店だったとしても、気の張るビジネスディナーでは今ひとつきちんと味わった気がしない、ということはないだろうか。

そんな席から解放された夜、しばしのチルアウトのためにひとりでふらりと立ち寄りたいのは、きっとこんなカウンター。

銀座5丁目。「この上に飲食店が?」と一瞬たじろぐビルの2階。看板もなくそっけない入口の扉を開ければ……、外観の印象とは正反対のクールな空間が。

ここ『ラ・リュシオール』は、まごうことなき隠れ家だ。



焼きそば¥2,500。卵でオムレツ状に焼きあげ、きのこのソテーやトリュフをのせた麺に、客の前で鶏ときのこのコンソメをかける演出

シャンパーニュとブルゴーニュを中心に200種類以上をそろえる充実のワインリスト、そしてフランス産のジビエ料理からカツレツ、焼きそばなど親しみのわく料理までを網羅したメニュー。意外に男性向けなのが、嬉しい。

中でも、常連客向けに提供していたのが噂を呼んで定番入りした焼きそばは、フレンチのエッセンスをちりばめた秀作。また、1月からは「爛▲〞カルト」なるメニューも登場。

ガツとハチノスの羽根焼き、仔羊のシビレのフリットなど、フランス語で「アバ」=内臓類を巧みに仕上げた料理が、ワインの味わいを深める。



「ガツとハチノスの羽根焼き」¥1,500は「“アバ”カルト」の一品。ラヴィゴットソースのケッパーやマスタードの酸味と、パルミジャーノやハーブの香りが食欲を刺激する

「和牛カツレツ ベアルネーズソース」¥3,000は、添えられた卵黄のコンフィと共に

フランス語で「蛍」を意味する店名のイメージにぴったりと重なる、密やかな空間

かくして、美味と美酒の記憶で今宵を締めくくろう。


えっ。銀座の真ん中にこんな使い勝手のいいビストロがあったの!?



ひとりでじっくりと、美味なる時間を堪能
『佛蘭西料理 銀座 誠』

いかにも銀座、な華やかな大通りの店だけがこの街の魅力にあらず。意外な場所に潜む、知る人ぞ知る名店を攻略してこそ、男の偏差値が高まる。

そんなスポットが、ここ『佛蘭西料理 銀座 誠』だ。

銀座の路地奥という佇まいからしてお忍び感満載。「ここでは、自分のやりたいように料理を作っています」とは、店主の栗原 誠氏。

あの『アピシウス』で19年修業を積んだ大ベテランだ。



「ヴァンデ産ウズラのリー・ド・ヴォー詰めロースト ペリグルディーヌ・ロッシーニ風」¥3,400。ソテーしたフォアグラをのせ、トリュフ入りの芳醇なソースを添えるスタイルがロッシーニ風

なるほど、手書きの黒板メニューには「ヴァンデ産ウズラのリードヴォー詰めロースト ペリグルディーヌ・ロッシーニ風」のようなクラシックな味わいのひと皿もあれば、〆には炊きたての土鍋ごはんで卵かけごはんをどうぞというフレキシブルさ。

こうしたフットワークの軽さも魅力のひとつ。

グランメゾン譲りの王道フレンチに舌鼓を打つもよし、ワインバー使いで立ち寄るもよし。ここを使いこなせればかなりの上級者だ。



「秋のショーソン」¥3,300は、野生のきのこ、フォアグラ、栗のパイ包み焼き。サクサクのパイが美味



ここではカウンターが特等席




今日は思いっきり笑いたい。そんな日に!
『Vinpicoeur』

カウンターの醍醐味は、お店の人や隣席との距離が近いこと。今日はワインを片手に楽しく飲みたい。そんな日は、ぜひ銀座4丁目の『Vinpicoeur』へ。

こちらは、酒屋の2階に潜む、珍しいフレンチ串焼きのお店。あのオザミグループの一員と聞けば、それだけで太鼓判を押したくなるはずだ。

カウンターに陣取れば、目の前には、豚の半身が吊るされており、大迫力。この吉田豚は屠殺後、4日ほど置いて、アミノ酸が増えた段階で使用。串では、フォアグラや穴子、豚の内臓などがそろう。

人気のカウンターの他、4人掛けのテーブルがひとつ。テーブル上にはゲランド塩や粒マスタード、レフォールなどが薬味として置かれている。



「吉田豚の骨付きロース350g」¥1,750はキメ細やかな肉質を楽しもう。脂の美味しさも抜群

目の前で焼き上げられていく様子は、臨場感たっぷり。その他、ワインに合わせたい一品料理が多数。ヴァンナチュールを取りそろえ、グラスで¥700からとコスパも良し。

来店者の9割が常連になるという居心地の良さは、笑顔が絶えない接客に理由あり。誰かを連れてきたくなる、アットホームな雰囲気は、銀座において貴重な存在だ。



人気の串は、左から「吉田豚の肩ロース」¥380、「国産穴子」¥500、「フォアグラ」¥1,200

入口そばのカウンターなら、目の前にはこんな光景が


本日発売の月刊誌「東京カレンダー2月号」は一冊すべて、銀座特集!

脱シニア!私たち世代がリアルに使える銀座だけ掲載!


今こそ私たち世代の手に銀座を取り戻そう!そのヒントが最新号「東京カレンダー2月号」に!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は12/21(木)!