大地真央、艶やかに大スター・越路吹雪を熱演「光栄であると同時に責任も…」

写真拡大

大地真央さんが、1月8日(月)からスタートする昼の帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月〜金、12:30〜※BS朝日<再放送>毎週月〜金、7:40〜)で、宝塚歌劇団の上級生(先輩)である越路吹雪さんの絶頂期を演じます。

この作品は、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪さんの波乱に満ちた生涯と、盟友の作詞家・岩谷時子さんとの濃密な友情を綴っていくドラマ。越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”は、子どもの頃から歌が好き。父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験し、見事合格したものの、踊りもできないコーちゃんは、落第寸前の“落ちこぼれ”に……。しかし、天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへの階段を駆け上って行く。退団後は歌手、女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷さんとタッグを組んで、「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”とよばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変えた、稀代の歌手となった。

大地さんは、青年期の主演を務める瀧本美織さんからバトンを受け継ぎ、絶頂期の越路さんを演じます。クランクインしたばかりの大地さんにインタビュー。“共通点”が多いという越路さんを演じることについてや、本作への思いをたっぷり語っていただきました。

――『越路吹雪物語』への出演、上級生・越路さんの絶頂期を演じると決まったときの感想をお願いします。

以前、宝塚時代にTBSで放送されたスペシャルドラマ(1983年)で越路吹雪さんを演じさせていただいたことがありましたが、今回改めて偉大なる上級生の越路吹雪さん役を演じるというのは、光栄であると同時に責任も感じました。また、“現在の私が感じる越路吹雪さん”を演じることができるのをとても嬉しく思いました。

――以前演じられたときとは、スペシャルドラマでしたが、今回は帯ドラマ。越路さんの本名・河野美保子さんというプライベートな部分と、“越路吹雪”というエンターティナーな部分の対比も描かれそうですか?

そうですね。まだ全部台本ができていないのですが、ONとOFF、芸名の部分、本名の部分が自然と描かれていくと思います。

――越路さんも大地さんも、宝塚では「異端児」と呼ばれていたそうですが、お二人とも型にははまらないタイプ……秀でる方の特徴ですね。共通点が多いことについていかがですか?

優等生ではなかったという点も似ていますね(笑)。おこがましいですが、「あ、私もそれ、同じことをやったな」というエピソードは、色々うかがっています。

――そんな越路さんとお会いになったことは?

実は、直接お会いしたことは無くて……。ちょうど越路さんがロングリサイタルをされている頃、私は宝塚に在団中でしたから、東京に来る時期も限られており、タイミングが合わずお会いすることが叶わないままでした。

――大地さんにとって越路さんはどんな存在ですか?

憧れもあり、尊敬する“偉大な大上級生”です。

――今回は、越路さんの<絶頂期>を演じられるということで、それにむけてどのようなご準備をされていますか?

「愛の讃歌」を歌うというシーンを撮影しましたが、越路さんは毎回歌い方が違うんです。“シャンソンの女王”と呼ばれている越路さんのエッセンスを大事にしつつ、私が歌う「愛の讃歌」をお聴きいただけたらと思います。すべて越路さんのコピーをしなきゃ、物真似をしなきゃ……ということとは違うのかな、と思いながら挑みました。

――実在の人物を演じるというのは普通のお芝居とはアプローチも違いますか?