執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

不安障害のひとつ、不安神経症。生活に支障がでるほど不安感を感じてしまう疾患で、女性が男性の2倍なりやすいそう。症状や治療法についてまとめました。

20〜30代は生活環境から不安の種が増える

不安神経症とは、全般性不安障害とも呼ばれ、以前はノイローゼという名前でも呼ばれていました。心理的原因によって生じる心身の機能障害の総称と定義されています。不安障害のひとつで、恐怖症やパニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と並列にあたる疾患です。日本では1.8%の人が不安神経症を持っているというデータがあります。不安神経症は女性に多く、また、不安神経症の人の25%はうつ病も併発するとされています。

不安神経症の症状は、一般的に起こる生活上のことに過剰に不安になってしまうことです。それが、生活に支障をきたすほどで半年以上続く場合は、全般性不安障害の可能性があります。18歳から60歳までのすべての年齢層でみられますが、発症のピークは30歳。つまり、20〜30代で発症しやすいと考えられます。

20〜30歳は、仕事と家庭の両立などで生活が多忙になり、その分心配する事柄が増える時期。例えば、「仕事のスケジュールが間に合うか」「家族の健康は大丈夫か」「人に嫌われないか」など、あらゆることが不安の種になります。誰でも多少の心配や不安は抱えているものですが、不安が原因で落ち着かない、疲れやすい、集中できない、イライラする、筋肉の緊張が続く、発汗、めまい、不眠といった症状が起こるようなら、不安神経症が疑われます。

がまん強い人は全般性不安障害になりやすい!?

不安神経症の原因は、はっきりとはわかっていません。以前は、心理的要因が原因と考えられてきましたが、近年では脳の研究が進んだことにより、心理的要因に加え、脳内神経伝達物質系が関係する脳機能異常があるとする説が有力になってきています。

また、がまん強い性格、ネガティブ思考、リスクをとらない性格の人が発症しやすいとも言われます。一般的に誰もが、生活の中で不安感を抱くことはありますが、それが過剰で生活に支障をきたしている場合は、専門医に相談をしましょう。精神科や心療内科が近くにない場合は、精神保保健祉センターが公的な窓口として全国に設置されています。

不安神経症の治療法とは?

不安神経症の治療は薬物療法とカウンセリングが中心です。薬は、症状によって抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬などが用いられます。カウンセリングでは、苦手なモノや場所に少しずつ慣れさせていく認知行動療法を行います。物事を不安に直結させてしまう考え方のクセを少しずつ直し、不安に対処できるようにするもの。時間をかけて不安要素に対応できる心を作ります。