北朝鮮の木造船(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【鬱陵聯合ニュース】韓国北東部の鬱陵島沖で7日午前、北朝鮮の木造船とみられる船が漂流しているのを同島の漁師が見つけ、海洋警察当局に通報したことが分かった。

 海洋警察によると、木造船は全長9メートル、幅2メートルで、白骨化が進んだ4人の遺体があったという。

 海洋警察は木造船を鬱陵港にえい航し、遺体の身元確認を進めている。

 合同調査チームの関係者は「北の漁民が漁業に出て(船の)故障で漂流し、亡くなったとみて調べを進めている」と明らかにした。