2018年5月で車検が取れなくなるクルマ続出!? 乗り続けたいならすぐにチェックしたいリコール対象車とは!?
国土交通省は、タカタ製エアバッグのリコール対象車について、これまでの取組に加え、新たに、異常破裂する危険性が高い未改修車について、車検で通さない措置を講じることを発表している。

その措置は平成30年5月から行われるため、リコール対象車を利用していて乗り続ける場合は、車検が切れる前までにリコール修理を完了しておく必要があるのだ。

(※画像のLFAも対象車だが、年式、グレード等で対象外の可能性もあり)



平成29年10月の国内の改修率は83.2%であり、約320万台の未改修車がある。また、自動車メーカー各社の主力車種が含まれており、その対象車種の範囲は広い。

今回の措置は、平成28年4月以前にリコール届出されているものであって、異常破裂する危険性が高い特定のインフレータを使用したエアバッグを搭載した未改修車(以下「措置対象未改修車」)が対象範囲となる。

対象車種の一部を挙げると、

(※年式・グレード・製造工場によって対象外の場合もある)

トヨタ:ヴィッツ、カローラ―系、ノア系、アルファード系、プロボックス系など

日産:キューブ、エクストレイル、ティアナ、フーガ、キャラバンなど

ホンダ:フィット、ストリーム、シビック、アコード、ステップワゴン、CR-Vなど

マツダ:アテンザ、RX-8など

三菱:i系、デリカ、パジェロ、ランサーなど

スバル:インプレッサ、レガシィなど

ダイハツ:ミラ、エッセ、ハイゼット系など

いすゞ:コモなど

が対象となる。(スズキは無し)

また、輸入車の場合は

ホンダ:インスパイア、セイバー、エレメント、ラグレイトなど

三菱:トライトンなど

が対象。

なお、今回の車検を通さない措置の対象とはならないが、リコール対象となっているモデルは、BMW、アウディ、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、フェラーリ、ジャガー、クライスラー、シトロエンなども含まれるのだ。

タカタ製エアバッグは、ガス発生装置(インフレ―タ)が異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているため、平成21年以降リコールを実施しているが、異常破裂による死者が全世界で少なくとも18人を数え、一刻も早い改修が必要なのだ。なお、施行日までに車検時に警告文を交付するなど、既にユーザーに対して改修の必要性について周知はしているとのこと。

措置の方法としては、

1. ユーザーやディーラー以外の整備工場は、検索システムを活用し、車検を受けようとする車両が措置対象未改修かどうかを確認する。該当する場合には、ディーラー等にて改修を行った上で交付される改善措置済証を運輸支局等に提出して車検を受ける。

2. 車検申請を受けた運輸支局等においては、自動車登録検査業務電子情報処理システム等を活用して、措置対象未改修車両の場合は車検を通さない。

となっている。

修理部品の手配や整備工場のキャパシティーによってすぐに交換が実施できない場合も想定できるので、まずは自分のクルマがリコールの対象となっているか、そしてもしリコール対象車の場合は、すみやかにディーラー等への修理依頼を実施して欲しい。