幸栄です。パン教室「toiro(トイロ)」を主宰しています。初めてパンを焼いたのは、長女の出産から1か月後のこと。あの日から試行錯誤を重ね、今は卵とバターを使わないパンのレシピをつくっています。パンを焼きながら、2人の娘の母としても、楽しみや大変さをたくさん感じる日々。毎日のなかで見つける、ささやかな幸せや楽しみをつづっていこうと思います。

優しい甘さのスープをつくりましょう

「寒くなるとあらためておいしいと感じるもの」、みなさんはありますか? 私は寒くなると、根菜と甘いものが恋しくなります。とくに疲れ気味だと、体が自然と欲しているよう。そんなときは、デザート感覚でおいしくいただけるカボチャのスープをつくっています。思ったよりもすぐに簡単にできて、冷蔵庫で2日ほど保存もできますよ。

カボチャとココナツミルクのスープ


メインの食材はカボチャとココナツミルクだけの簡単スープ。牛乳ではなくココナツミルクを使うことで、コクがある味わいになります。香りがフルーティーなので、デザートみたいに味わえるからでしょうか。

【材料(4人分)】
カボチャ 大1/4個
水 300cc
きび砂糖 大さじ3〜4
ココナツミルク 100cc
ナッツやシナモン(あれば) 適量

【つくり方】
(1)カボチャは種とワタ、そして皮を取り除き適当な大きさに切ります。


(2)水300ccとカボチャを鍋に入れ弱火でじっくりと火を入れ、煮くずれるほどやわらかくなったら、粗くつぶします。


(3)きび砂糖大さじ3〜4とココナツミルク100ccを注ぎ入れ、混ぜ合わせたらできあがり。カボチャの甘さに合わせて、きび砂糖の量は調整してください。


先日は、ピーカンナッツを割ったものを添えてみました。ほかのナッツ類でもいいですし、カボチャの種をトッピングしてもかわいいかも! シナモンをふりかけてもおいしいですよ。

ぜひ試して、冬が旬のカボチャを味わってくださいね。

【幸栄(ゆきえ)】
1979年広島県生まれ。「はな」と「ひな」2人の娘をもつ。モデルとして活躍したのち、長女の出産を機にパンづくりに出合う。ベッカライダブルハウスにて、製造補助をしながらパンについて学び、2010年から卵とバターを使わないパン教室、toiroを始める。著書に『「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)』(主婦と生活社刊)、『パウンド型で焼けるおいしい食パン』(家の光協会刊)、『あかちゃん、こども、おとなのパン―はじめてのパンづくり』(アノニマスタジオ刊)などがある。