簡単でウマイ!たぬきおむすびって知ってる?

写真拡大

家庭料理の定番ともいえるおにぎりは、梅干しや鮭、昆布などなど、数えきれないほどの具材があり、誰でも好きな食べもののひとつのはず。最近では定番系のおにぎり以外にも、たぬきおむすびと呼ばれるものが、じわりブームになっていることをご存じでしょうか?

おにぎり+揚げ玉でたぬきおむすび

たぬきおむすびは、名前の通り、おにぎりに揚げ玉が入っているもの。作り方は、さまざまあるので、一概に“これ!”とは断言できませんが、よくあるパターンは揚げ玉とめんつゆを使った以下のようなレシピです。

【材料】

・ご飯…茶碗2杯分

・揚げ玉…大さじ3

・焼きのり…2枚

・めんつゆ…大さじ1

・塩…少々

【作り方】

1)ボウルに塩以外のすべての材料を入れてざっくりと混ぜる

2)手に塩をつけて1を握り、おにぎりを作る

3)おにぎりに焼きのりを付けたら完成

このように、作り方は一般的なおにぎりとほぼ一緒なので、とても簡単に作ることができます。揚げ玉とめんつゆのうま味がいっぱいで、ネット上では「何個でも食べれてしまいそう」といった声が散見されます。

ネギやゴマ、桜エビなどアレンジも豊富

たぬきおむすびは、前述の通り、いたってシンプルなものですが、そこにいろんな具材をプラスして、アレンジすることも可能です。定番系では、ネギやじゃこ、青のり、ゴマなどかもしれません。他にも、鰹節やゆかり、塩昆布、桜エビなどを加えたり、味付けに変化を加えるために、白だしやラー油、七味唐辛子、わさびなどを使っても◎。

揚げ玉やめんつゆが和風なので、プラスする具材も和テイストなものにすると相性がよさそうです。

「子どもが大好きでパクパク食べてくれる」といった声も数多くあるので、覚えておくとよさそうなレシピ。お弁当や朝食、ランチなどに、ぜひ作ってみてくださいね。

(文・山手チカコ/考務店)