ひらめきを起こすには?

写真拡大

あらゆる場面において、ひらめきは重要だといわれています。これまでと同じようなことやものをだらだらと続けるよりも確実なひらめきひとつで人生が劇的に変わることもあるでしょう。

ひらめきは天才だけのものじゃない?

ひらめきというと偉大な発明家などを思い浮かべます。頭の回転が早い人にこそ当てはまるもの、天才といわれる人だけの特権だと思ってはいないでしょうか。しかしながらひらめきは科学的な根拠があるものです。ウィアム・ダガンによる『天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法:コロンビア大学ビジネススクール最重要講義』(ダイヤモンド社)ではアメリカの大学の講義をもとにしたひらめきについての記述がなされています。これは、大学の講義で行われたものですから、ある人の成功話といったものではありません。科学的な裏付け、学術的な裏付けがあるものであり、それは、ある程度の普遍性を獲得したものであるともいえるでしょう。

どうすれば良いのか?

本書ではひらめきに至るための前提がていねいになされています。さらにひらめきというのは罠いであばかりではなく、答えを出すためのプロセスの簡略化、合理化、最速化についても記されています。頭がよくなる本ではなく、ビジネスシーンにおいてどのように動くことが重要であるのか。そうした点においても気づきが多い本になっています。