©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

年明け1月2日から行われている歌舞伎の名門「高麗屋」の三代襲名披露公演に出演中の、松本幸四郎改め二代目松本白鸚、市川染五郎改め十代目松本幸四郎、松本金太郎改め八代目市川染五郎が、1月8日(月)に放送される『徹子の部屋』に揃って登場する。

©テレビ朝日

親子孫三代同時襲名は、1981(昭和56)年に行われて以来37年ぶり。先代の襲名の際も初代白鸚・幸四郎・染五郎が3人揃って同番組に登場している。その貴重な映像に3人は感激。二代目白鸚は「胸がいっぱいになった」としみじみ語る。

初代白鸚は襲名後すぐに亡くなり、命を懸けての襲名だったと話す二代目白鸚。その父の年齢を超えて現在75歳。世間がイケメンと騒ぐ孫・染五郎の成長に目を細める。

©テレビ朝日

また、多才な高麗屋一家。特に初代白鸚の画は本格派で、スタジオでは初代が書いた貴重な「富士山」の画や扇子に書かれた「鸚鵡」が紹介される。

そして、染五郎も小学校時代に学校で作ったという「高麗屋箱」を持参。将来やりたい歌舞伎の役が木箱には描かれている。