【ビデオ】知っておくと断然違う!エンジン周りの安全な掃除の方法をプロが伝授!オイル漏れ等のトラブル防止にも
愛車のボディやインテリアをキレイにしたら、エンジンルームもキレイにしたい(そして誰かに見せびらかしたい)と思うのがクルマ好きの性。ボンネットを開けると、油にこびり付いた砂埃などを今すぐ落としたいと思う一方で、バッテリーやプラグコードといった電装系を見れば、簡単に水を掛けて洗ったらマズイんじゃないかと思ったりしたことがある人も多いのではないだろうか。でも大丈夫。気を付けるべきことに気を付けて、適正な方法で掃除すれば意外と簡単に、人に見せても恥ずかしくないキレイなエンジンルームにすることができるのだ。クルマ磨きのプロが愛車をキレイにするコツを伝授するビデオ・シリーズ『Autoblog Details』から、今回はエンジンルームを安全に掃除する方法をご紹介しよう。



必要な道具はこちら

・掃除機

・ブロワ

・テリータオル

・マスキングテープ

・ビニール袋

・ホイールブラシ

・多目的クリーナー

・水性タイヤワックス

まずはエンジンが冷えていることを確認。少し暖まっている状態なら大丈夫だが、熱いようなら冷めるのを待とう。


ボンネットを開けたら、エンジンルームの隙間やワイパーの下に積もっている枯葉や小枝などを取り除く。水を掛けて濡らした後では取り難くなるからだ。


次にオルタネーターやディストリビューター、バッテリーをビニール袋で覆い、水が掛かって濡れないように用心する。作業中に外れないように、必要ならマスキングテープを使おう。


それから多用途クリーナーやディグリーザーをエンジンやその周囲にスプレーして、ホイールブラシやウォッシュミットで隅々まで洗っていく。



そしてクリーナーが乾く前に、手早く、最小限の水量でやさしく洗い落とす。


汚れが落ちたら、今度は残った水をテリータオルでよく拭き取る。コンプレッサーがあれば、手が入らない隙間に溜まった水もブロアで吹き飛ばすことができるので便利だ。



電装部品に被せたビニール袋は、そこに溜まった水でせっかく乾いたところを濡らさないように、ビニール袋で水を包み込むようにして外そう。


エンジンルームが完全に乾いたら、水性タイヤワックスをスポンジに付けて、黒い樹脂製カバーなどのパーツを磨く。



それから最後にマイクロファイバータオルで軽く拭き上げれば、貴方の愛車のエンジンルームはピカピカになっているはずだ。余分なワックスが残っていると、ここに汚れが付着してまた汚くなるので注意しよう。



定期的にエンジンを掃除すれば、オイル漏れやパーツの劣化などの異常に気付きやすい。路上で起こるトラブルを未然に防ぐことができる。


クルマ磨きのプロ、ラリー・コシラが愛車をキレイにするコツを教える『Autoblog Details』。次回もお楽しみに。

※下のビデオで日本語字幕が表示されない場合は「CC」をクリック