フリーの演技をする車俊煥=7日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】フィギュアスケート韓国男子の車俊煥(チャ・ジュンファン、16)が7日の最終選考会で1枠の平昌五輪出場権を獲得した。

 車はこの日、ソウル市内で開かれた最終選考会のフリーで168.60点を記録。ショートプログラムとの合計が252.65点となり、1位になった。これで第1〜3次選考会の合計が684.23点となり、総合順位1位になった。2位はイ・ジュンヒョン(682.10点)。フリーの前までは3試合の合計でイに20.29点差を付けられていたが、フリーで146.18点だったイを2.13点上回り五輪初出場をつかんだ。

 韓国男子のエースと期待されながら今季は足首と股関節の負傷に悩まされた。昨年11月のグランプリシリーズ第6戦を棄権してけがの回復に努め、最終選考会のフリーではプログラムを昨年のものに戻し、4回転ジャンプを減らすなどして五輪チケットを取りにいった。

 車は平昌五輪について「緊張せずに自信を持って演技することが最大の目標。多くの経験を積みたい」と話した。