スイスが3回目の優勝。フェデラーが全豪オープンに向け順調な仕上がり[ホップマンカップ]

写真拡大

国別対抗大会「ホップマンカップ」の決勝で、スイスとドイツが対戦。2勝1敗でスイスが3回目の優勝を決めた。

スイスはロジャー・フェデラー(スイス)とベリンダ・ベンチッチ(スイス)、ドイツはアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とアンジェリック・ケルバー(ドイツ)が出場していた。

男子シングルスではフェデラーがズベレフを相手に、第1セットを接戦の末落とすものの、盛り返して試合を支配し、6-7(4)、6-0、6-2で制した。

続く女子シングルスではケルバーがベンチッチを6-4、6-1で破ったため、優勝の行方はミックスダブルスに持ち込まれる。

そのミックスダブルスでスイスペアが4-3 (3)、4-2で勝ち取り、優勝が決まった。

スイスの優勝は2001年大会以来で、その際はフェデラーとマルチナ・ヒンギス(スイス)が出場していた。ドイツにとっては長い不遇の時代が続いており、1995年のボリス・ベッカー(ドイツ)とアンケ・フーバー(ドイツ)以来、「ホップマンカップ」の優勝はない。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は優勝したフェデラーとベンチッチのスイスペア
(Tony McDonough/AAP Image, File via AP)