最終選考会で演技を披露する崔=7日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】来月開かれる平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子の韓国代表に札幌冬季アジア大会の金メダリスト、崔多彬(チェ・ダビン、17)とキム・ハヌル(15)が決まった。

 

 崔は7日、ソウル市内で開かれた韓国代表の最終選考会で合計190.12点をマークし、五輪出場の資格がある選手でトップ。第1〜3次選考会の合計が540.28点となり、総合順位1位になった。2位はキム。

 韓国は自国開催の五輪のフィギュア女子シングルに2人が出場する。崔とキムはいずれも初の五輪出場となる。