撮影=岡崎隆生

写真拡大

 国民的アイドルグループの人気メンバーのはずが、とんだ赤っ恥!? SKE48松井珠理奈の「知名度不足」が露呈し、ネット上にはファンからの悲痛な声が連打されることとなった。

 お正月拡大SPだった1月3日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)は、覆面をかぶった9人の有名人ゲストが登場し、彼らが語るヒントをもとに中居正広がその正体を見破るという趣向だった。

 その中の一人、グレーの覆面を被った人物からは「CD売上が5,000万枚をセールス」「プロレス好き」「AKB48の名古屋」というヒントが出たことで、中居はSKE48というところまではどうにか見抜いたものの、「俺、SKEはわかんないんだよね」と完全にギブアップモード。最後には松井玲奈との「W松井」という決定的なヒントを得たにもかかわらず名前が出ない中居は、仕方なく「松井、お前松井!」と答えて、無理やり正解扱いとなった。

「珠理奈はAKB48が人気絶頂の頃から主要メンバーとして活躍し、昨年の『AKB48選抜総選挙』では3位を獲得している。しかし、いくら大所帯とはいえ、音楽番組などで何度も共演している中居にまったく認識されていなかったことが判明。本人は『グループで活動しているんで、しょうがないですよ』と気丈に振る舞っていましたが、内心はかなりショックだったでしょうね」(テレビ誌ライター)

 紅白に初出場した当時、珠理奈はまだ小学生。年齢もあってかテレビ露出は他メンバーより少なかった。「一般への知名度」が最大の課題と指摘するファンの声もあるが……。アイドル誌ライターが言う。

「珠理奈は総選挙での順位こそ高いものの、物販人気は低く“実人気”には疑問符がついていました。『SKEのセンター』『総選挙で1位を目指す』というグループ内でのポジションは確立されているものの、タレントとしては、これといって特徴がないのが実情。見た目はクール系美人ですが、顔が大きくて老け顔。歌が上手いわけでもなく、スタイルもずん胴、トークが上手というわけでもありません。それを脱却するために『プロレスキャラ』を付けているところですが、今のところ成功しているとは言い難いです。とはいえ、珠理奈がSKE48の黎明期から屋台骨を支え続けてきたことは間違いありません。デビュー当初から秋元プロデューサーの大きな期待を受け、プレッシャーと戦い続けてきた珠理奈は、現役メンバーとしてはAKBグループ最大の功労者ともいえる存在です。だからこそ、報われてほしいところです」

 西田ひかる、片岡安祐美、袴田吉彦などは、中居はあっさり正解しているだけに、珠理奈が総選挙で1位になるために足りないモノを、本人もファンもはっきりと認識したのではないだろうか?