<セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 3日目◇6日◇プランテーションコース at カパルア(7,452ヤード・パー73)>
ハワイにあるプランテーションコース at カパルアで行われている米国男子ツアー2018年初戦「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」3日目。
【写真】巨人・菅野智之投手と並んで表彰を受ける松山英樹
首位と4打差・トータル6アンダーからスタートした松山英樹は、4バーディ・3ボギー「72」とスコアを1つ伸ばすにとどまり、トータル7アンダー・12位タイに後退した。
2日間首位の位置につけていたマーク・リーシュマン(オーストラリア)に変わって、優勝に王手をかけたのはダスティン・ジョンソン(米国)。1イーグル・6バーディ・1ボギー「66」でトータル16アンダーまでスコアを伸ばしている。
3日目終了時の上位陣の順位は以下のとおり。
1位:ダスティン・ジョンソン (-16)
2位:ブライアン・ハーマン (-14)
3位:ジョン・ラーム (-12)
4位T:リッキー・ファウラー(-11)
4位T:ジェイソン・ダフナー(-11)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ リーダーボード
松山英樹が故・星野仙一氏を哀悼「すごく寂しい」
松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”
石川遼が新選手会長に就任「日本ゴルフ界のために全力を尽くす」
ALBA.Netが選ぶ!2017年 米国男子ツアー 十大ニュース