スペシャルな「夢」の実現に明石家さんまも笑顔/(C)TBS

写真拡大

「テレビの持つプラスの力を結集して、人々の夢を叶えあげよう!」というコンセプトの下、毎年見る人々に感動を与えてきたバラエティー「さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル」が、1月8日(月)夜9時からTBS系で放送される。

【写真を見る】「夢スペ」と「A-Studio」のコラボが実現!/(C)TBS

今回も、北は北海道、南は沖縄まで、街頭インタビューや手紙、そしてインターネットで「叶えたい夢」を募集、昨年を上回る1万通以上の「夢」が集まった。

ことしのテーマは「史上○○な夢」。24年目を迎える今回は、TBS系で放送中のトークバラエティー「A-Studio」(毎週金曜夜11:00-11:30)とのコラボが実現。

コラボのきっかけとなった夢とは、「憧れの『A-Studio』で鶴瓶さんに友達を褒められたい」。応募したのは塩路友里さん。

転職でつらい時に元気をもらったのが、大好きな「A-Studio」だったという塩路さん。そんな彼女の夢をかなえるため、「A-Studio」の美術や制作などのスタッフ総勢100人に協力してもらい、スタジオセットをそのまま塩路さんが暮らす関西に移動。かかった費用は約2000万円。

これまで「A-Studio」に一般人がゲスト出演した例はないが、今回、笑福亭鶴瓶が実際の「A-Studio」と同じように、アシスタントのemmaと共に、数日かけて塩路さんの友人を直接取材した。

MCとアシスタント以外、出演者は全員素人ということに若干の不安を残しながらも、出演を快諾してくれた鶴瓶に、さんまは「鶴瓶師匠に借りをつくってしまった〜!」と、照れながらも感謝の言葉を。

また、「A-Studio」という番組がどのように作られていくのか、取材の様子などの裏側も大公開。「A-Studio」の命ともいえるラストの“口上”で、鶴瓶が塩路さんに贈る感動の言葉とは?(ザテレビジョン)