トランプ米大統領(資料写真)=(EPA=聯合ニュース)

写真拡大

【ワシントン聯合ニュース】トランプ米大統領は6日(現地時間)の記者会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と電話会談を行う意向があるかの質問に対し、「もちろんだ。常に対話を信じている」として、「まったく問題ない」と述べた。

 金委員長との対話に前提条件が付くかどうかについては、「それは私が言っていない」と述べ、無条件の対話ではなく、非核化に向けた対話にならなければならないことを示唆した。

 9日に韓国と北朝鮮の高官級会談が開かれることに関しては、「今は(平昌)五輪について話し合っている。大きな始まりだ」として、「彼ら(南北)が五輪問題を乗り越えるのを見たい。五輪を乗り越えて協力することを望む」と期待を示した。

 その上で、「適切な時点でわれわれも関与することになると思う」と表明。「こうした対話を通じて何かを生み出すことができれば、世界のための偉大な出来事になる。大変重要なことだ」と強調した。

 また、平昌五輪・パラリンピック期間中の韓米合同軍事演習見送りで合意した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談に言及し、「両国(南北)が良くなることを望む。彼ら(北朝鮮)が五輪に参加したら、そこから始まると思う」とした上で「(南北対話を)100%支持する」と述べた。