得点し喜ぶ東亜学園の選手ら=東京体育館(撮影・長尾みなみ)

写真拡大 (全2枚)

 全日本高校選手権第3日(6日、東京体育館)昨年準優勝校の東亜学園が3回戦で大塚(大阪第1)をフルセットで下し、準々決勝では北陸(福井)にストレート勝ち。小田島拓也主将(3年)は「3回戦でバタバタしてしまって不安があったが慌てなかった」とムードメーカーとしてチームを鼓舞。汗と涙の染み込んだ鉢巻き姿で「優勝して終わって恩返ししたい」。センターコートで昨年のリベンジを果たす。

3回戦で東亜学園に敗れた大塚・松本峻春(たかはる)主将(3年)「もっと上まで行きたかった。大きく成長できた3年間。後悔はない」