流経大柏の主将MF宮本優太【写真:編集部】

写真拡大 (全2枚)

流経大柏の主将MF宮本優太が存在感…矢板中央に1-0勝利で決勝進出、夏冬2冠に王手

 準決勝のピッチで目を奪われたのは、死に物狂いでボールに食らいつき、タックルしながら転倒しても、またすぐ立ち上がりタックルを仕掛ける、芝にまみれたキャプテンマークだった。

 全国高校サッカー選手権は6日、埼玉スタジアム2002で準決勝が行われ、インターハイ王者・流通経大柏(千葉)が矢板中央(栃木)に1-0で競り勝ち、決勝進出を果たした。流通経大柏の主将MF宮本優太は相手の攻撃を摘み続けるフィルターとして、この試合でも存在感を光らせていた。

 相手選手の侵入を防ぐため球際激しくボールを奪い、味方選手がオーバーラップで空けたスペースを常にカバー。一人一人に声を掛け、チーム全体のバランス維持に努め続けた。その姿は、日本代表における主将MF長谷部誠を彷彿とさせる。

 後半途中、DF関川郁万(2年)が相手選手のタックルに詰め寄った場面でも、真っ先に駆け寄り、頭に血が上っている関川に対し、「とりあえず俺の顔を見ろ。大丈夫だから。3年生とプレーするの、これが最後じゃ嫌だろう? 決勝出られなかったら、意味がないだろう?」と辛抱強くなだめた。

 終了間際には、相手陣地のコーナーフラッグでボールをキープし、自分よりもずっと背丈のある相手選手複数人に囲まれ、体をぶつけられても倒れず、必死に時間を稼いで勝利への闘争心を示した。

 試合後は関川に対し、「来年、キャプテンマークをつける可能性の高い選手。責任感とかはこの大会を通して身につけてもらえればいい。僕自身は、彼にキャプテンを任せたいので」と強い信頼感を示すことも忘れなかった。

伝統校の重さのしかかるキャプテンマーク

 関川は現在、2年生におけるリーダー役を務めている。3回戦で対戦した日章学園(宮崎)との試合後、自身の目指すキャプテン像について語っていた。その理想像こそ、現キャプテンだ。

「ふざけて(宮本)優太君のキャプテンマークを巻いたりするけど、着けただけで、急に不安に駆られる。大丈夫かな……って。全く軽いもんじゃない。偉大なキャプテンたちが何十年にも渡って着けてきたもので、腕に巻くだけでぐっと重みを感じた。自分は、優太君のレベルには全然到達していない。もし、来季自分が務めることになったなら、優太君のようなキャプテンになっていたい。常に笑顔で優しく、きつく厳しくしてくれるキャプテンです」

 ずっしりと重さを感じるキャプテンマーク。それは、流通経大柏という高校サッカーで錚々たる歴史を築いてきた伝統校が故の宿命だ。宮本自身も、その重さを感じずにはいられないようだ。

「伝統の重さは感じます。自分は能力が高くてキャプテンになったわけではない。チームのことに目を向けて、チームのために何かやらなきゃいけない選手だった。きつい練習も前に出て、試合では誰よりも声を出して、そうやって示していかないといけない」

 物自体はただの布切れ。しかし、ひとたび腕に巻けば、途端に重さがのしかかる。伝統校の歴史を引き継ぐ証は、想像を絶するほどの重圧がかかるようだ。そんな彼は、チームを一致団結させるために取り組んできたことがあるという。

1年間担ってきた嫌われ役が生んだ結束力

「1年間、嫌われ役を担ってきました。走る時も厳しい言葉を掛け続け『そんなんだったら帰れ』ときつく当たったことも何度もある。悩んでいた時期は主将を務めてきた先輩たちに『嫌われてナンボなんだぞ。嫌われるように取り組んでいけ』と言ってもらえて、自分の中で覚悟ができました」

 それでも、茨の道を選んだキャプテンの苦労をチームメートはちゃんと理解していた。MF菊池泰智(3年)は「ある時から、優太が嫌われ役を買って出てくれていたことは皆、わかっている。だから、優太の苦労を少しでも僕らが背負えることができれば」と、宮本を中心にチームは着実に結束力がもたらされていった。

 昨年は負傷により手術を強いられ、ピッチに立てない辛い時期も過ごした。紆余曲折を経て、キャプテンとして挑む選手権制覇まで残り1勝。しかし、宮本にとって、キャプテンマークこそが主将という役割を示す重要な存在というわけではなさそうだ。

「皆が僕についてきてくれたこと。それこそが、僕にとってはキャプテンの証」。そう力強く語った“愛される嫌われ者”は8日、埼スタで最後のキャプテンマークを身につける。(THE ANSWER編集部)