毎年、年賀状を送る年末年始には郵便局が多数のアルバイトを募集していますが、ある年賀状の仕分けのバイトをしたという『Twitter』ユーザーがその体験をツイートして話題となっています。

年賀状の仕分けのバイトをしてわかったこと

・地球の言語が書けない人がいる
・住所を全部書かなくても伝わると思ってる人がいる
・達筆がすぎると感動する(しかし地球の言語ではない)
・送り先の名前を間違えてる人
・住所と名前を両方間違えている人もいる
・キラキラネームをひらがなで書かない

別のユーザーからも、このようなツイートが。

先日まで年賀状の仕分けバイトやってました。
マンション名が違う、部屋番号が書いてない(一番多かった)、子供が書いた字なので読めない、達筆すぎて読めないなどなど大変でしたorz
企業名だけで住所書いてないのもあったなぁ・・・・

中でも「マンション名を書かない」というケースは多い様子。また、郵便番号を書かないという場合も仕分けの際のネックになると訴える声が多数ありました。ほかにも「宛名に自分の住所を書く」「番地が電話番号」といった謎としかいえない例も挙げられ、「機械が読み取れなくなって仕事が増える」といった嘆きも見られました。

年賀状に限らず、手紙を送る際は都道府県から住所を書くこと、また市町村合併があったところに出す場合は新しい住所と郵便番号を調べてから送るということが、局員の手間を省くために大事だといえそうです。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/Y_MR_/status/948858463915982848 [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』