5日、コラムサイト「百家号」は記事「中国に利用されると懸念、文在寅大統領による慰安婦問題への対応に韓国メディアは慎重な対応を呼び掛け」を掲載した。写真はソウルの日本大使館前の慰安婦像。

写真拡大

2017年1月5日、コラムサイト「百家号」は記事「中国に利用されると懸念、文在寅大統領による慰安婦問題への対応に韓国メディアは慎重な対応を呼び掛け」を掲載した。以下はその概要。

4日、文在寅大統領は大統領府に元慰安婦の女性を招き、慰安婦合意に関する意見を聞いた。これに対し、韓国メディアから異論を唱える声が上がっている。韓国紙・中央日報は5日、慰安婦合意を白紙に戻して日韓関係が悪化すれば中国を利するだけ、慎重に考えるべきだと呼び掛けた。

さらに中央日報は以下のように論じている。北朝鮮問題や平昌五輪など日本の協力が必要な時期にやるべきことではないと、実用主義の観点から文在寅大統領をいさめ、結局のところかつての支配国におもねるばかりで、先祖や子孫のことを思っていないのだ。こんな民族は日本人にも米国人にもはっきりと物を言うことはできない。(翻訳・編集/増田聡太郎)