大地真央、瀧本美織がシャンソンの名曲を熱唱!/(C)テレビ朝日

写真拡大

1月8日(月)よりスタートする帯ドラマ劇場第3弾「越路吹雪物語」(毎週月〜金昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)の主題歌を、ヒロイン・越路吹雪の絶頂期を演じる大地真央、青年期を演じる瀧本美織の2人が週替わりで担当することが分かった。

【写真を見る】「越路吹雪物語」の主題歌を、大地&瀧本が週替わりで担当!/(C)テレビ朝日

同ドラマは、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記。越路が「落ちこぼれ」と言われた宝塚時代から、希代の作詞家・岩谷時子との濃密な友情をつづっていく。

2人は、越路の代表曲であり、岩谷時子の訳詞で知られる「愛の讃歌」「ラストダンスは私に」「サン・トワ・マミー」「ろくでなし」をそれぞれレコーディング。

さらに瀧本は、宝塚歌劇団の愛唱歌「すみれの花咲く頃」やシャンソンの名曲「幸福を売る男」を、大地は越路の夫・内藤法美が作曲した「誰もいない海」、シャンソンの名曲である「愛の幕切れ」を熱唱。

レコーディングにあたり大地は、「短い時間でのレコーディングだったのですが、曲の持つ表情をそれぞれに表現できれば…、と思い臨みました。ほとんどが初めて歌わせていただく曲だったのですが、どの曲も名曲だと改めて感じました。ドラマの主題歌で、そしてCDで楽しんでいただけたら嬉しいです」と心境を告白。

瀧本は、「越路さんを完全にまねするのではなく、そこからヒントをいただいて自分ならこう歌う、というイメージを膨らませました。越路さん自身も、CDやライブごとに全く違うように歌っていたり、想いのまま自由に歌われていると感じたので、歌ごとに違う表情をつけました」と明かす。

また、3月7日(水)には主題歌12曲を収録したCDが、ユニバーサルミュージックより発売することが決定。大地、瀧本の歌声でよみがえる数々の名曲がどの週に流れるのか、注目だ。

■ 瀧本美織コメント

――主題歌をレコーディングしてみていかがでしたか。

自分の名前で歌を歌わせていただけるというのはとても光栄なことです。ひと足お先に出来上がった一週目を見たとき、主題歌と自分の名前が共に出た瞬間とても感動しました。

レコーディングした曲は爽やかで晴れ晴れしい気持ちになったり、とにかく明るく元気なものから越路さんの代表的な「愛の讃歌」はもちろん、色気や大人の女の余裕が感じられる歌までさまざまです。皆さまの午後からの元気を後押しできればいいな、という気持ちを込めて歌いました。

――レコーディングのために準備されたことがありましたらお聞かせください。

越路さんを完全にまねするのではなく、そこからヒントをいただいて自分ならこう歌う、というイメージを膨らませました。越路さん自身も、CDやライブごとに全く違うように歌っていたり、想いのまま自由に歌われていると感じたので、歌ごとに違う表情をつけました。

でも一番は歌に乗せていただいた、と思っています。どの曲も歌っていてすごく楽しかった! スタッフさんも、「豊かな歌ばかりだね」と仰っていて、いい歌は時が経っても色褪せないのだなと思いました。

――6曲の中で思い入れのある楽曲はありますか。

「幸福を売る男」です。実は「すみれの花咲く頃」をレコーディングし終わって、次はこの歌、というとき、愛兎が亡くなったと連絡がきたんです。レコーディング中だというのに思いきり泣いてしまったんですが、この歌の明るさに励まされ、心を込めて歌い切ることができました。私が彼になって歌っているようでも、彼に向けて歌うようでもありました。

レコーディングし終わったばかりのこの曲をすぐ家族の元に送りました。一晩中愛兎に聴かせてくれたそうで、いい表情をして本当に聴いているみたいだったと聞いて、最期に会えなかったけど、歌でつながっているような気がして、「あぁ良かったなぁ」と思いました。

人が幸せならそれでいいという無償の愛を感じる歌詞、愛を持って生きている人は強いと感じさせてくれるこの歌が私は大好きです。(ザテレビジョン)