「7日の決勝戦用」のV9の文字が入った金色のスパイクを持つ帝京大・竹山

写真拡大

 ◇7日ラグビー全国大学選手権決勝

 帝京大のトライゲッター、WTB竹山晃暉(3年)が9連覇の懸かる決勝限定でゴールドスパイクを投入する。昨季まで黒、今季は赤を使用したナイキ社製の黄金色バージョンで、「V9」の文字入り。2カ月前に注文したそうで、「他の日本人と違うところをプレーでも行動でも見せたい。決勝でこれを履きたいから頑張ろうと思えた」と説明した。

 奈良・御所実時代に「足元から準備を整える」大切さを学び、キッカーを任された今季は足のケアをさらに入念に行っている。足元を飾るのはその延長線上だ。サッカーのC・ロナウドが昨年12月にバロンドール(世界最優秀選手)受賞記念のゴールドスパイクを披露し「先にやられた」と悔しがったが、「明日は晴れで日差しも強い。スパイクが光ってくれる」と笑った。