亀梨和也主演『FINAL CUT』は新たな代表作となるか? “今”を顧みる復讐劇への期待

写真拡大

 亀梨和也が主演するドラマ『FINAL CUT』(カンテレ・フジテレビ系)が、1月9日よりスタートする。亀梨にとって、約11年半振りのフジテレビ系連続ドラマの主演。主題歌『Ask Yourself』も、約2年振りに復活したKAT-TUNが歌う。「ありがたいことに、何年も前から(このドラマの)プロデューサーにラブコールをいただいていたんです。でも、なかなかタイミングが合わず、いい企画で交われなくて……。なので、今回ご一緒できるという“波”が来たので、今度こそは応えたいという思いがありました」(参照:エンタメOVO)と、囲み取材で語った亀梨。まさに“今”というタイミングにふさわしい、意欲作となるのではないだろうか。

参考:亀梨和也、『FINAL CUT』会見で後輩・高木雄也の裏話を披露 「ドッキリをしかけたら、泣いちゃった」

■誰もが情報を発信できる“今”を顧みる復讐劇

 ドラマは、亀梨演じる慶介の母・恭子(裕木奈江)が経営していた保育園で、園児が殺害される事件から始まる。百々瀬(藤木直人)が司会を務めるワイドショー番組では、さも恭子が犯人だと匂わせるような報道が加熱。追い詰められた恭子は自ら命を絶ってしまうのだった。それから12年後、慶介は復讐を果たすために百々瀬を含む番組関係者、そして事件のキーを握る姉妹に近づく。だが、慶介はいつしか姉妹のひとりを本当に愛してしまって……。

「メディアの側にいる人間として、メディアを扱う難しさを感じました」亀梨は本作の脚本を読んだ感想をこのように語った。「自分は善として生きようとしているけれど、無意識に悪を生み出していたり、被害者、加害者になってしまう怖さが身近にある。それが、このドラマの見どころになるんじゃないかなと」実態はひとつであっても、真実は立場によって様々な顔つきを見せるものだ。特に、現代はインターネットの普及により、かつてないスピードで情報が拡散される世の中。反射的に抱いた感情が波及し、誰かを深く傷つけてしまう事態を招く可能性も大いにある。

 もちろん、全ての人が納得できる状況を作り出すのは難しい。プライバシーを守ることと、知る権利は、ある特定の状況で矛盾を生んでしまうし、ある言葉に傷つけられたという人もいれば「表現の自由だ」と主張する人もいるだろう。「報道する自由があれば報道しない自由もある」と、偏った情報を流布することだってありうる。自分にとっての善が、必ずしも他者にとっての善ではない。むしろ悪となる場合もある。だからこそ情報の発信は慎重に慎重を重ねていく必要があるのだと、私たちに今一度学ぶ機会を与えてくれるドラマとなりそうだ。

■情報発信の場が限られている“今”の亀梨だからこそ

 慶介は、復讐相手に“公開されるとその人の人生が終わる動画“=ファイナルカットを突きつけていくのだという。母を自殺に至らしめた情報操作によって敵を追い詰めていく姿は、まさに“目には目を“。だが、それにしても不利益な情報が拡散されていくことが、直接命を奪うことよりも残酷な復讐になるのだと改めて感じさせるストーリーだ。

 一度アップされた情報はすぐにコピーされ、削除しても追いつかない時代。一瞬にして見知らぬ人と繋がることのできるインターネットは、一瞬にして多くの敵を生み出すこともできる。「作品の落としどころをどこに作るか、やりようが何パターンもあると思って」と雑誌『QLAP』のインタビューで語っていた亀梨。彼自身、情報の影響力を強く感じているに違いない。

「反対意見が多いかもってわかっていても、覚悟をもって決断を下す瞬間はあるよ」「自分の意思だけじゃなくて大きな視野で見て、最良だと思うことを選ぶようにしてる」その一挙手一投足が多くの人の注目を集めているアイドルならではの強い意思を感じる言葉だ。

 言わずもがな、ジャニーズはインターネットの露出に対して慎重な姿勢を見せている。亀梨自身、公式ファンサイト『ジャニーズWeb』の個人ブログはあるものの、積極的な発信活動はしていない。“発信しない“というのも、一つの意思表示なのだ。見えているものだけではなく、見えないものをどう感じ取っていくのか。亀梨の言葉なき言葉は、きっと作品を通して私たちに伝わってくるのではないだろうか。「“波”が来た」と思える“今”の亀梨だからこそ、魅せることができるドラマに期待が高まる。(佐藤結衣)