土屋太鳳、広瀬すずからバトン!新ドラマ『チア☆ダン』でGP帯ドラマ初主演

写真拡大

女優の土屋太鳳が、広瀬すず主演の大ヒット映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の数年後を描いた新ドラマ『チア☆ダン』(TBS系、7月スタート、毎週金曜22:00〜)で主演を務めることがわかった。土屋がゴールデン帯・プライム帯のドラマの主演を務めるのは、今回が初となる。

福井県立福井商業高校のチアリーダー部「JETS」が、2009年に全米チアダンス選手権大会で優勝したという実話をもとにした映画。チアリーダー部の女の子達と彼女たちを支えた顧問の絆と、全米大会制覇に向けて彼女たちが努力していく姿を描いた感動青春ストーリーで、その後「JETS」は全米大会で通算7回の優勝を果たした。

ドラマ版の『チア☆ダン』では、映画の世界観を引き継いだまま、そして「ありえない夢を追いかける」精神はそのままに、新たなオリジナルストーリーが展開。

今年も数々の主演映画の公開が控えており、3歳から日本舞踊、クラシックバレエなどを習い、その類まれな運動神経で見る者を度々驚かせている土屋が演じるのは、幼い頃に「JETS」の演技を見て憧れを持った主人公。「将来は同部に入りたい」という夢を抱いていたが、いつしか「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、隣町の勉強も運動も中途半端な高校のチアリーティング部に入部するところから物語が始まる。夢を諦めて過ごす高校生活の中で、ある日、東京から来た強引な転校生に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。その言葉が、主人公のくすぶっていた思いに火を点け、かけがえのない仲間や教師と共に泣き笑い、成長し、「打倒JETS!全米制覇!」というありえない夢を追いかけ、全てをかけて挑戦する。どこにでもいる平凡な少女らが、できっこない夢を追いかけ、それを支える教師の情熱によって共に成長していく青春ストーリーだ。

土屋は「この物語は、チアダンスみたいに“みんなで全力を出していく”ことで、たくさんの大切な何かが紡がれていくドラマだと思います。なので、まずは全力を出し切ることを大事に、ダンス練習とドラマ撮影を頑張っていきたいと思います。たくさんの方に見ていただける時間帯なので、すごく緊張感はありますが、楽しい時間を感じていただければ。一緒にドラマを作らせていただくみんなとその思いを共有し、JETSのようなチームワークを生み出して行けたら。是非楽しみにしてください! よろしくお願いします」とコメントを寄せている。