スタジオのタモリら

写真拡大

1月7日(日)の『NHKスペシャル』(NHK総合、21:15)は、「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク」の第3集「“骨”が出す!最高の若返り物質」を放送する。タモリとノーベル賞受賞者の山中伸弥氏が司会を担当。木村佳乃、藤井隆、石田明(ノンスタイル)がゲスト出演する。

体中の臓器がお互いに情報を交換することで私達の体は成り立っている。そんな新しい「人体観」を、最先端の電子顕微鏡映像やコンピューターグラフィックスを駆使しながら伝える、シリーズ「人体」。第3集のテーマは“骨”だ。

”骨”を、単なる固いカルシウムのかたまりだと思ったら大間違い。私たちの全身の「若さ」を司っているのは、実は骨だということが、最新の科学から明らかになってきている。骨が操っているのは、「記憶力」「筋力」「免疫力」、そして「精力」までも……。逆に言えば、骨が「老化」のスイッチを押してしまうこともあるというのだ。その危険性は、高齢者だけではなく、若い世代にも潜んでいるという調査結果もある。では、どうすれば骨を強くし、「若さ」を保ち続けることができるのか。骨が持つ知られざるパワーを呼び覚ます方法も伝える。