パドレスとの入団合意が報じられた牧田和久

写真拡大

 西武からポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指していた牧田和久投手(33)がパドレスと2年およそ400万ドル(約4億5千万円)で合意したと6日、米スポーツサイト、ファンラグ・スポーツのジョン・ヘイマン記者がツイッターで伝えた。大リーグ関係者によると、西武に支払われる譲渡金は50万〜100万ドル(約5千万〜1億1千万円)だという。

 牧田は10年ドラフトで西武から2位指名を受けて入団。翌年1軍デビューし、7年間の通算成績は276試合(先発110試合)、53勝49敗25セーブ、54ホールド、防御率2・83。昨季は58試合で3勝3敗、28ホールド、防御率2・30だった。昨年3月に行われたWBCにも出場し、変則的なアンダースローが話題になった。